「ボヘミアン・ラプソディ」ロンドン点灯式にクイーンのメンバー登場!

2018年10月22日 18:00

クイーンのメンバーも登場!
クイーンのメンバーも登場!

[映画.com ニュース] 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの軌跡を描く映画「ボヘミアン・ラプソディ」のクリスマス・イルミネーション点灯式が10月21日(現地時間)、英ロンドンのカーナビー・ストリートで開催。マーキュリーを演じたラミ・マレックらキャストのほか、クイーンの現メンバーであり本作で音楽総指揮を務めるブライアン・メイロジャー・テイラーが出席した。

会場には点灯式の2時間以上前から大勢のファンが集まり、会場に流れるクイーンの楽曲を合唱。大盛り上がりのなか、マレックをはじめ、メイ役のグウィリム・リー、テイラー役のベン・ハーディジョン・ディーコン役のジョー・マッゼロら、クイーンを演じた4人とメアリー・オースティン役のルーシー・ボーイントンが登場し、続いてメイとテイラー本人が姿を現すとファンから大歓声で迎えられた。

キャスト・スタッフにより点灯のカウントダウンが始まり、スイッチが押されると、クイーンの楽曲の歌詞がデコレーションされたイルミネーションが一斉に点灯。パープルの光が会場に灯ると同時に花火が上がり、盛大なイベントが開幕した。

マレックは「俳優として、伝説のバンド・クイーンの物語を演じ、バンドを讃えることができたことが人生最大の喜びです。今日集まってくれた人たちに感謝しています」とあいさつし、撮影の中にはマーキュリーの実妹と会ったことも明かしていた。

なお、現地時間10月23日夜には、クイーンが20世紀最大の音楽イベント「ライブ・エイド」で圧倒的なパフォーマンスを披露した会場「ウエンブリー・スタジアム」に隣接する「ウエンブリー・アリーナ」にて本作のワールドプレミアが実施される。「ボヘミアン・ラプソディ」は11月9日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース