クイーンの“あの名曲”はこうやって作られた!「ボヘミアン・ラプソディ」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月16日 > クイーンの“あの名曲”はこうやって作られた!「ボヘミアン・ラプソディ」本編映像公開
メニュー

クイーンの“あの名曲”はこうやって作られた!「ボヘミアン・ラプソディ」本編映像公開

2018年10月16日 12:00

名曲誕生の裏にはこだわりの レコーディングがあった「ボヘミアン・ラプソディ」

名曲誕生の裏にはこだわりの
レコーディングがあった
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さで死去したフレディ・マーキュリーの軌跡を描く伝記ドラマ「ボヘミアン・ラプソディ」の本編映像が公開された。クイーンの誰もが知る名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の収録シーンを垣間見ることができる。

本作ではクイーンの名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスを再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出す。現メンバーのブライアン・メイロジャー・テイラーが音楽を総指揮し、劇中の名曲は主にマーキュリー自身の歌声が使われている。

クイーンの楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」は、4つの異なる年に首位を獲得したほか、初めて全英チャートで9週連続首位を記録。レコーディングは1975年8月にスタートし、5カ所ものスタジオを使用。一部のパートではボーカルの重ね撮りを180回も繰り返し、完成までに3週間かかったという。

公開された映像は、マーキュリー(ラミ・マレック)の指示のもとスタジオに入ったメンバー、テイラー(ベン・ハーディ)の収録シーン。高音で有名なパート「ガリレオ~」を歌うが、マーキュリーは一向にその歌声に満足する気配はなく「もっと高く、さらに高く」と要求していく。音楽に対するプロフェッショナルな姿勢と情熱が伝わり、最後には「ボヘミアン・ラプソディ」を披露する迫力のライブシーンも収められている。

ボヘミアン・ラプソディ」は、11月9日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi