黒木華&野村周平「ビブリア古書堂の事件手帖」最大のミステリーは成田凌? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月22日 > 黒木華&野村周平「ビブリア古書堂の事件手帖」最大のミステリーは成田凌?
メニュー

黒木華&野村周平「ビブリア古書堂の事件手帖」最大のミステリーは成田凌?

2018年10月22日 16:00

黒木華&野村周平「ビブリア古書堂の事件手帖」

黒木華&野村周平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ累計640万部を突破した三上延氏のミステリー小説を実写映画化した「ビブリア古書堂の事件手帖」の公開直前イベントが10月22日、東京・渋谷区の書店で行われ、主演の黒木華野村周平が出席した。

映画の内容にちなみ「撮影中にあったミステリーな事件は?」と問われた黒木が、「成田くんですね。最後までどんな方なのか、つかみきれなかった」と共演した成田凌の名前を挙げると、野村も「成田は基本的につかみづらかった。本人がいない場所で言うのもなんですが(笑)」と同意。「人見知りだと思ったら、急にがーっときたり、変顔したり」(黒木)、「この子はちょっと情緒不安定なのかなって(笑)。変なやつでした。少し変わった役どころだったので、そこに飲まれていたのかな……」(野村)と振り返った。

イベントには「本のソムリエ」清水克衛氏が駆けつけ、事前のアンケートに基づき、黒木に白駒妃登美著の「勇気をくれる日本史 誰も知らない偉人伝」、野村に水野敬也著の「雨の日も、晴れ男」を推薦。それぞれ「歴史は苦手で避けて通ってきたが、早速今日から読んでみたい」(黒木)、「おれっぽいタイトルですね!」(野村)と瞳を輝かせた。

鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」の女店主・栞子(黒木)と、店を手伝う大輔(野村)が、古書をめぐる謎や秘密を解き明かしていく。メガホンをとったのは「幼な子われらに生まれ」「しあわせのパン」の三島有紀子。デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」の新曲で、原由子が歌う「北鎌倉の思い出」が主題歌に起用された。11月1日から全国で公開される。

(映画.com速報)
幼な子われらに生まれ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 幼な子われらに生まれ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,493 直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信、田中麗奈主演で映画化したヒューマンドラマ。
しあわせのパン[Blu-ray/ブルーレイ] しあわせのパン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,969 東京から北海道へ移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェを始めた夫婦と、そのお店を訪れる様々な人々の人生模様を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi