若い世代、世界に向け新プロジェクト「ウルトラマンアーカイブス」始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月15日 > 若い世代、世界に向け新プロジェクト「ウルトラマンアーカイブス」始動
メニュー

若い世代、世界に向け新プロジェクト「ウルトラマンアーカイブス」始動

2018年10月15日 18:00

新プロジェクトについて説明する塚越社長「20世紀少年」

新プロジェクトについて説明する塚越社長
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウルトラマンシリーズ作品などの円谷プロダクションは10月15日、新プロジェクト「ULTRAMAN ARCHIVES(ウルトラマンアーカイブス)」発表会を、都内で開催した。

円谷プロが制作し、半世紀以上にわたって続いている「ウルトラマンシリーズ」は、ヒーローや怪獣のキャラクター性のみならず、その世界観やテーマ性など作品自体が高く評価されている。今回発表された新プロジェクトは、1966年に放送されたウルトラマンシリーズの原点である「ウルトラQ」をはじめとする歴代作品にスポットを当てていく。当時の資料や制作関係者の証言、現代ならではの視点や外部の有識者からの評論を交え、シリーズ作品をまだ見たことのない若い世代などより多くの人々に伝え、深く作品を楽しんでもらうことを目的としている。

プロジェクト始動の第1弾として、11月17日に「『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theaterスペシャルトーク&上映会」をイオンシネマ板橋で開催する。当日は、「ウルトラQ」の飯島敏宏監督と「20世紀少年」などの漫画家・浦沢直樹氏を迎えたスペシャルトークをはじめ、「ウルトラQ」のエピソード19「2020年の挑戦」を上映し、全国のイオンシネマ14劇場へライブビューイングする。

そのほか、ブルーレイ&DVD発売やビジュアルブックの出版、初期ウルトラマンシリーズの怪獣造形で中心的役割を果たした高山良策氏が手がけた「ケムール人」の特別商品化、そのケムール人を演じたスーツアクター・古谷敏氏の直筆サインが入ったフレームアートの発売など、様々な歴代作品に順次スポットを当て多面的に展開していく。

円谷プロの塚越隆行社長は「創業者である円谷英二の意志やビジョン、作品に込められたメッセージを大切にしたスタジオを目指していく。ウルトラマンをもっと好きになってもらうために、その魅力をより多くの皆さまに届ける機会を増やし、日本発、世界規模のブランドに育てていきたい」と新プロジェクトの狙いを語った。

塚越社長は、ウォルト・ディズニー・ジャパンでスタジオ・グループ ゼネラル・マネージャーなどを歴任し、昨年8月に円谷プロ社長に就任。ディズニー・ジャパンで培ったブランド戦略により、円谷プロのアーカイブ作品だけでなく、世界も視野に入れた新しい作品の制作など、今後の展開が注目される。

(映画.com速報)
20世紀少年<第1章>終わりの始まり [DVD] 20世紀少年<第1章>終わりの始まり [DVD] 最安価格: ¥2,127 浦沢直樹の同名人気コミックを全3部作で映画化した第1部。監督は「トリック」「明日の記憶」の堤幸彦。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi