20世紀少年 インタビュー: プロデューサーが語る、プロジェクト始動から完成まで

ホーム > 作品情報 > 映画「20世紀少年」 > インタビュー > プロデューサーが語る、プロジェクト始動から完成まで
メニュー

20世紀少年

劇場公開日 2008年8月30日
2008年8月27日更新

「MASTERキートン」「MONSTER」といったベストセラーコミックを世に送り出している現代日本漫画界を代表する浦沢直樹の「20世紀少年」が、今年ついに実写映画化。「映像化不可能」と囁かれ続けた壮大な3部作の第1章の公開を目前に控え、eiga.comでは本作製作の上で重要な役割を果たしたキーパーソン3人(飯沼伸之プロデューサー、企画・脚本の長崎尚志氏、堤幸彦監督)にインタビューを敢行。第1回目の今回は、本作を製作した日本テレビの飯沼伸之プロデューサーのインタビューをお届けします。(取材・文:編集部)

飯沼伸之プロデューサー インタビュー
「妥協せずにしっかり撮っているという自負はあります」

連載開始から10年、ついにベールを脱ぐ世紀のビッグプロジェクト! 連載開始から10年、ついにベールを脱ぐ世紀のビッグプロジェクト!

■映画がスタートするまで

──まず、そもそものスタートは何年だったのでしょうか?

「1999年に漫画の連載がスタートした頃に、方々からアプローチがあったそうです。日本テレビも『映画化したい』ということはお伝えしたようですが、その時はまだ連載が始まったばかりだし、漫画の展開もどうなるかわからないということで、お断りになりました。その後、2004ー5年のあたりで、連載も先が見えてきて、映画化してもよいとの話が聞こえてきたんです。そのあたりで(映画化権を)当社の佐藤敦プロデューサーが獲りに行きました。最初から3部作で作りたいと、オファーしました」

──やはり、この時点でも争奪戦だったのですか?

「数十社からオファーが来たということを聞いています。そのうちに某社と某社、といった具合に絞られてきて、最終的に当社に決まったわけです。その際に、佐藤プロデューサーが長文の手紙を書いて原作者に送り、その熱意が伝わったと聞いております」

飯沼伸之プロデューサー 飯沼伸之プロデューサー

──映画化権獲得後は、どのように映画化を進めていったのですか?

「まず、原作サイドと、製作する日本テレビ、小学館さんが一堂に会する会合がありました。その時、日本テレビはプロデューサーも総動員態勢で、僕を含めて4人出て、全員でやりますという話をしました。そこからディベロップ(企画開発)が始まりました。やっぱり『20世紀少年』はストーリーが壮大なので、脚本を作るのに2年かかってます。その間に漫画も連載がどんどん進んでいってという感じで、第1章だけで10稿以上はいきました」

──シナリオを作成するときに、原作サイドから注文のようなものはあったのですか?

「もちろん、浦沢さん、長崎さんがシナリオに参加されておりますので、ご両名が考える、映画版20世紀少年像がありました。ここで、このエピソードを外すのは良くないとか、ここにこのシーンがないと……といった細かいことまでいろいろと考えられてました。やっぱり3部作でも映画は漫画をすべてカバーできるわけではないので、凄く残念だけれども外さなければいけないエピソードもありました。ただ、物語の底流に流れている意識や理念が消えてしまうのを避けられてましたね」

──シナリオの後は監督です。本作の監督に、堤幸彦監督を選んだ理由は何でしょうか?

「なぜ堤監督かというと、3つ理由があります。まず一つはこの映画の舞台になる1960年代後半から70年代にかけての生の熱さとか、その時代の感触を肌で分かっている人がいいのではないかということ。次に、サスペンスが撮れるということ。ホラー、ドラマ、アクションが描ける監督は多くいますが、サスペンスが描ける監督って、日本映画界では、そうそう多くないんです。そういう意味で堤さんは適任なわけです。3つめは浦沢さんの原作にロックの魂が根底に流れているので、堤さんもロックが大好きでロック魂の塊ですから……ここまでお聞きになれば堤監督しかいないと思いませんか?」

世紀の大作を手がける堤幸彦監督(左) 世紀の大作を手がける堤幸彦監督(左)

──映画としても、大がかりなスペクタクルやアクションよりはサスペンスを重視したということなのですね。

「もちろん、『20世紀少年』では全部重要です。ただ、ロボットのシーンとか、そういった大がかりな、スペクタクルシーンよりも、“ともだち”が誰かということを描くのが一番難しいし、この壮大な長さの台本、登場人物の人物描写や内面の動きをサスペンスを効かせながら見せていく方が何倍も困難だと思うんです。第1章、第2章を含めて、“ともだち”は誰かというサスペンスをベースに『20世紀少年』で本当に伝えたいことを表現するという、いろんな局面が出てくる設定なので、そこを外してしまうと、『20世紀少年』ではなくなってしまうわけです」

──製作費60億円というのは邦画では破格ですが、どこに一番お金がかかるのでしょうか?

「この映画を真に実現させるにはそれくらいかかったということでしょうか。映画製作の際に、CGにお金がかかると、よくいいますが、実際CGにはお金がかかりますが、映画というのは、それ以上に人が動くものであって、どんなシーンであったとしても、撮影期間が長ければ、それだけ費用がかかってくるわけです。2時間22分のこの第1章は、それだけの撮影をしているし、1シーンしか使わない場面でも堤監督からの原作に忠実にとの意向を受けて、しっかり美術を作り、極限までこだわっています。海外のシーンでも、やろうと思えば日本でも撮影できるほんの数秒の場面でも、リアリティを出すために、パリ、ニューヨーク、ロンドン、中国など、実際に現地に行って撮影しています。通常の映画作りでいうと、“ここはやめよう”とか“ココとココはまとめて撮りましょう”ということはよくあるんですが、今回はそういうところを妥協せずにしっかり撮っているという自負はありますね」

>>飯沼プロデューサーインタビュー その2

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

記憶のあいまいさを抱え込んだまま進む壮大な物語のプロローグ
映画評論

小学校時代によく一緒に遊んだ友達の顔や名前を、ひとりひとり鮮明に覚えているだろうか。30年前の記憶はかなりあいまいになっているに違いない。このドラマはそんな記憶のあいまいさを抱え込んだまま進展していく。そしてオウム真理教を連想させるカ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

20世紀少年-第2章- 最後の希望[Blu-ray/ブルーレイ] 20世紀少年<第2章>最後の希望 [DVD] 20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 [DVD] 20世紀少年 DVDセット[DVD]
20世紀少年-第2章- 最後の希望[Blu-ray/ブルーレイ] 20世紀少年<第2章>最後の希望 [DVD] 20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 [DVD] 20世紀少年 DVDセット[DVD]
発売日:2009年8月28日 最安価格: ¥3,779 発売日:2011年2月2日 最安価格: ¥2,095 発売日:2011年2月2日 最安価格: ¥2,095 発売日:2010年2月24日 最安価格: ¥7,634
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全62件)
  • この時代! ♪ジャジャンジャンジャジャンジャーン♪ もう…Trexだけで盛り上がってしまう自分。 風景にも登場人物にも時代感がたまらない。 漫画は1巻しか読んでおらず えらそうな口は叩けないが 個人的には... ...続きを読む

    bassman bassmanさん  2019年5月25日 18:54  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 平の期待に捧ぐ いや、だらだらと、ようやりよりますな。 眠たいわ。 うーん、このキャストでこれだけ退屈なの、次のためなのか。 なんで、ヘタクソな演技わざとさせるの。 特に、常盤はマツとやり過ぎたんか、歩き方おか... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2019年2月11日 22:16  評価:1.0
    このレビューに共感した/1
  • 面白かったです。 ストーリーに、けして映画の世界とは言い切れないリアルさを感じます。 なかなか面白かったです。 ...続きを読む

    光陽 光陽さん  2018年11月5日 02:33  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報