中川大志&伊藤健太郎、ファンを前に“愛され男子”宣言! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月12日 > 中川大志&伊藤健太郎、ファンを前に“愛され男子”宣言!
メニュー

中川大志&伊藤健太郎、ファンを前に“愛され男子”宣言!

2018年10月12日 21:00

男子高校生の“わちゃわちゃ”満載な作品「覚悟はいいかそこの女子。」

男子高校生の“わちゃわちゃ”満載な作品
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手俳優の中川大志が超絶イケメンなヘタレ男子を演じた映画「覚悟はいいかそこの女子。」の初日舞台挨拶が10月12日、東京・新宿バルト9で行われ、中川のほか、ヒロインを務めた唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真若林時英小池徹平、メガホンをとった井口昇監督が登壇した。

椎葉ナナ氏の同名漫画を実写映画化。女子の憧れの的である“愛され男子”だが実は恋愛経験ゼロの古谷斗和(中川)が、学年で最も人気のあるクールビューティー・三輪美苑(唐田)に猛アタックをかけ、本気の恋に落ちていく姿を描く。中川は、客席に「映画どうでしたか?」と声を掛け、湧き起こった大きな拍手に「それだけが気になって気になって。皆さんの映画を見終わった顔が見られて嬉しいです」と安堵の表情を浮かべた。

撮影秘話を問われた伊藤は、ファミレスのシーンを挙げ「アドリブ多かったですよね。『これやりすぎかな?』とか言い合いながら。僕けっこうアドリブしたんですけど、全部カットされた」と無念の表情。一方の若林は「美苑を見つける場面で、プロレスしてじゃれ合ってるところはこだわりましたね」と懐かしそうに語った。

美苑が思いを寄せる美術教師・柾木隆次を演じた小池は、撮影初日が誕生日だったという。「ケーキで祝ってくれて写真も撮ったんですけど……、初日なもんで、まだ全然なじんでいなくて。どういう距離感で祝ってもらえばいいのかなと戸惑って」と告白しながらも、「すごく皆さん優しく接してくれました」とニッコリ。中川は「徹平さんは本物の先生のように現場を盛り上げて下さって。とにかくスマートでした」と尊敬の念をにじませると、小池は「褒めても何も出ないよ!」と照れ笑い。唐田は小池を「徹平先生」と呼び、「絵しりとりでずっと遊んでもらっていました」と、撮影現場の和気あいあいとした雰囲気をうかがわせた。

主人公の役どころにちなみ「この中で1番のヘタレ男子は?」という質問には、全員の視線が若林に集中。井口監督は「ヘタレ男子と言うよりおしゃべり男子かな」といい、中川は「今日の移動中もずっとしゃべっていたもんな」と暴露。「愛され男子は?」という質問には、小池、若林、井口監督ら様々な名前が挙がったが、中川が「愛されていますよね、全員。客席見たら愛されてるじゃん、俺ら」とドヤ顔でまとめ、伊藤が「『言ってやったぜ!』みたいな顔してる」と愛のあるツッコミを入れていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi