ロバート秋山&友近、「ロッキー」を大胆パロディもすっとぼけ「完全オリジナルです」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月12日 > ロバート秋山&友近、「ロッキー」を大胆パロディもすっとぼけ「完全オリジナルです」
メニュー

ロバート秋山&友近、「ロッキー」を大胆パロディもすっとぼけ「完全オリジナルです」

2018年10月12日 21:00

「ロバート」の秋山竜次と友近「六城」

「ロバート」の秋山竜次と友近
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ロバート」の秋山竜次友近によるパロディ作品「六城(ろくき)」が10月12日、京都国際映画祭2018で特別上映され、2人がT・ジョイ京都での舞台挨拶に出席した。

有名洋画をパロディする「国産洋画劇場」の一編。相撲界から追放され“闇相撲”に身を落とした元人気力士・六城(秋山)を主人公に、彼に訪れた突然のチャンス、そして遠藤(友近)との恋の物語を紡ぐ。明らかに「ロッキー」がモチーフだが、秋山は「完全オリジナルです」とキッパリ。「スポーツものをやりたいと、ストーリーから全部考えた。しかしただただ相撲の話ではなく、わかんないですけど、挫折したやつが上がっていくというね」とすっとぼけ続けた。

印象的な劇中音楽や、大量の生卵をジョッキに割る場面、冷凍マグロに張り手をかます特訓シーンなどに対し、MCから「なんか見たことある……」とツッコミが入ったが、秋山は「何回かそう言われましたけど、私らはそういう意識はまったくない」と取り合わない。「(企画は)日本の良さを伝えたい、というところから始まった」といい、「機材からスタッフまで、すべて国産。海外に行き、時間が経っていない方は、申し訳ないけどお断りしました。腸の中に外国の食べ物が残っていたら、浣腸をして全部出してもらった」と語った。

また相撲の取り組みシーンもあっただけに、秋山は「めちゃくちゃ練習しました。不格好だと恥ずかしいから」と振り返り、友近は「(最終決戦のひと幕は)夜10時から朝5時くらいまで本当にやっていた。あの戦いはすごかった。体が本当に力士みたいだった」と脱帽の様子。2人の濃密なキスシーンもあり、秋山は「撮影日を逆算して、風俗に行き倒した。予行演習に。キスシーンには結構金をかけました」と、なぜかドヤ顔だった。

次作も撮影済みで、タイトルは「船と氷山」。沈みゆく豪華屋台船で、身分違いの恋が繰り広げられる。秋山が「大作ですね。これも完全オリジナルです。僕の役の名前が、雀(じゃく)という」、友近が「今まで、船をテーマにしたものはなかった。船の突端で、感動的なシーンがあります。私の役名は薔薇子(ばらこ)」と説明すると、MCは「ジャックとローズ?」と怪訝な顔だった。

さらに第3弾は、主人公が軽トラックに追われ続ける「激突き」。ほかにも構想は無数にあるようで、友近は「歌姫と、守ってくれている警備の人の恋愛話ができたら」と明かす。これに秋山も「おばけを退治するする除霊集団とかもいいね」と乗っかり、「ここ何カ月、『国産洋画劇場』にすべてを費やしました。マジで見てもらいたい。『大阪チャンネル』から見られます」と大真面目に話していた。

京都国際映画祭2018は、10月14日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi