地味な書店員が奴隷の世界へ 「私の奴隷になりなさい」第3章本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月3日 > 地味な書店員が奴隷の世界へ 「私の奴隷になりなさい」第3章本編映像公開
メニュー

地味な書店員が奴隷の世界へ 「私の奴隷になりなさい」第3章本編映像公開

2018年10月3日 18:00

官能の世界の扉を開けた「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」

官能の世界の扉を開けた
(C)KADOKAWA 2018
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 壇蜜の出世作となった映画「私の奴隷になりなさい」の続編にあたる「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」の本編映像が公開された。杉山未央演じる地味な書店員が、官能の世界に踏み込む瞬間をとらえている。

本作では、過去に人妻を調教していた目黒(毎熊克哉)と、奥手だが素質を秘めた繭子(杉山)の支配と隷属を描き出す。繭子を演じた杉山は“農業女子”から女優に転身し、本作が初の映画出演となった。

映像は、ある調教を終えた裸の女性・美里と、彼女にコートを着せるバーのマスター清水の会話から始まる。その様子をこっそり見ていた繭子は、後日2人が入ったバーへ向かっていた。期待と不安が入り混じった表情で繭子がドアの前で戸惑っていると、店の中にいた男性客から「ようこそ、官能の世界へ!」と背中を押され、店の中に足を踏み入れてしまう。終始緊張した面持ちを浮かべる繭子だったが、その様子をカウンター席から目黒が見つめていた。

このシーンについて、杉山は「まさしく官能の世界へと一歩を踏み入れる大切な場面だったので大切に演じました」と振り返り、「興味はあるけれど1人では踏み切れない。繭子は常に周りにいる人に背中を押してもらい温かく迎えてもらって変わっていきます。人に影響されやすい、流されやすい、そんな人間らしいところも繊細に演じられるよう努めました」と語っている。

私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」は10月13日から公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi