ご主人様と禁断の“お散歩”「私の奴隷になりなさい」第2章本編映像が公開

2018年9月12日 18:00

奴隷としての素養を開花させていく
奴隷としての素養を開花させていく

[映画.com ニュース] 壇蜜の出世作となった映画「私の奴隷になりなさい」の続編となるシリーズ第2作「私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」の本編映像が公開された。行平あい佳演じる人妻・明乃が、毎熊克哉演じるご主人様・目黒の“奴隷”として心身を完全に委ねた瞬間をとらえている。

2012年に公開された前作は、単館上映ながら興行収入2000万円超えを記録。続編は「ケンとカズ」「万引き家族」の毎熊、ロマンポルノ界で人気を博した寺島まゆみの実娘である行平がダブル主演を務め、貞淑な人妻がハードでアブノーマルな性愛にのめりこんでいくさまを描く。監督は「味見したい人妻たち(押入れ)」でデビューした城定秀夫。10月13日には、毎熊と杉山未央がダブル主演するシリーズ第3作「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」も公開される。

映像は、ベッドの上で目を閉じる明乃(行平)に真っ赤な首輪を優しく装着する目黒(毎熊)の姿が映し出される。裸に首輪だけの状態になった明乃に対し、「君は奴隷だ」と言い放つ目黒。その後、繁華街を歩く2人だが、明乃の首には真っ赤な首輪が着けられたまま。さらに首輪からは鎖が伸び、目黒が連れ歩く様子が見て取れる。すれ違う人々にジロジロ見られ恥ずかしそうな明乃だったが、切ない表情で意外な一言を口にする。

劇中で首輪をつけた行平は「ただ、支配と隷属を可視化する行為というわけではないと思っています。明乃にとってこのシーンは、身体を委ねる先を、これでもかというほど官能的に、そして刺激的に示される場面でした。そしてそれは、明乃の中にある、感情や欲望の波を何処に向けたらいいのか、教えてもらえたことでもあると思います」と説明。「この首輪をつけられた時に感じたのは、先ず安心感でした。支配と隷属の関係性だけではなく、心の拠り所そのものが見えたように思います。首に付けられた鎖が、目黒さんの動きや思いを、直接身体に伝えました。おおよそ、それはファッションではなく、気持ちの通った当然の行為だったように思います」と振り返っている。

私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」は9月29日、「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」は10月13日から公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース