J・K・ローリング、「ファンタビ」最新作の見どころは「ダンブルドアの成長」と語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月27日 > J・K・ローリング、「ファンタビ」最新作の見どころは「ダンブルドアの成長」と語る
メニュー

J・K・ローリング、「ファンタビ」最新作の見どころは「ダンブルドアの成長」と語る

2018年9月27日 14:00

最新作は11月23日公開「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

最新作は11月23日公開
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K. Rowling
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットファンタジーシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の新映像解禁を翌日に控えた9月23日(現地時間)、原作者のJ・K・ローリング氏が米NBCの朝の情報番組「トゥデイ」に出演し、本作の見どころと今後の執筆活動について語った。

魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編となる本作では、恩師ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)から特命を受けたニュートが、仲間や魔法動物たちと力を合わせ、逃亡中の“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)の行方を追うさまが描かれる。

「若き日のダンブルドアを登場させることで、ホグワース魔法学校の起源のみならず、ダンブルドアがどんな試練や体験を経てあのような人物へと成長を遂げたのかというキャラクターの起源も解き明かされることになる」と、「ハリー・ポッター」ファンの期待をあおったローリング氏は、「今後4冊まではもう何を書くか決まっているんだけど、アイデアがありすぎて、今頭の中で整理しているところなの。生きているうちに4冊ちゃんと書き終えられるかって、不安になっているわ」と冗談めかして語った。

「ハリー・ポッターを題材にした著書を、今後も手がけていく気はあるか」という司会者のツッコミには、「そうね。現にいまだ魔法ワールドを抜け出せずにいるし」と笑ってお茶を濁したローリング氏だが、次に来るのはハリポタでもファンタビでもなく、ロバート・ガルブレイス名義による探偵小説「コーモラン・ストライク」シリーズの第4弾になるという。

デビッド・イェーツ監督とともに、ローリング氏が原作・製作・脚本で続投する「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、11月23日から全国で公開。

(映画.com速報)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅[Blu-ray/ブルーレイ] ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズの第1作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi