「カメラを止めるな!」出演女優、所属事務所が次々決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月18日 > 「カメラを止めるな!」出演女優、所属事務所が次々決定
メニュー

「カメラを止めるな!」出演女優、所属事務所が次々決定

2018年9月18日 14:00

さらなる活躍を誓った真魚(左)&竹原芳子「カメラを止めるな!」

さらなる活躍を誓った真魚(左)&竹原芳子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]異例の大ヒットを記録している上田慎一郎監督作「カメラを止めるな!」に出演した女優陣が、続々と芸能事務所と契約を結んでいる。日暮真央役の真魚がワタナベエンターテインメント、超テキトーなプロデューサー・笹原芳子役の竹原芳子(どんぐり)が映画24区への所属を決めており、今後さらなる活躍を見せそうだ。

23歳のときに岩井俊二監督作品「スワロウテイル」に影響を受け、役者を志した真魚。これまでに成島出監督作「ちょっと今から仕事やめてくる」や、日本テレビ系ドラマ「孤食ロボット」に出演したほか、「カメラを止めるな!」での他を圧倒するエネルギッシュな熱演が一躍注目を集め、数十社の事務所からスカウトを受けていた。

所属にあたり、真魚は「これからも一つ一つのチャンスを大事に、挑戦する心を持ち続け、感謝の気持ちを忘れずに、役者として日々精進してまいります」と意気込む。さらに「具体的な夢と目標をお伝えさせていただくと、『カメラを止めるな!』の日暮真央の印象が強いと思いますので、今後は真逆の役をやってみたいです。また、『スワロウテイル』を見て役者になろうと決めたので、岩井俊二監督の作品に出たいです。これからもよろしくお願いいたします」とコメントを寄せた。

また竹原は、短大卒業後に証券会社や裁判所などの勤務を経て、間寛平が座長を務める劇団「間座」に入団。容姿や声がコンプレックスだったが、逆にそれらを“持ち味”として独特の存在感を放ち、お笑い芸人、落語家、女優として各方面で活動を続けた。映画デビューとなった「カメラを止めるな!」ではコミカルな芝居を見せ、物語に軽やかな風を吹き込んだ。

8年間所属した吉本興業を離れ、映画24区へ。「この度、映画24区所属になりました。『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)のおかげです。年齢、コンプレックスをそのままで、チャレンジを続けます。人生のカメラを止めるな! 未来へのカメラを止めるな! 春夏秋冬、アツアツです。どうぞよろしくお願いします」と飛躍を誓った。

カメラを止めるな!」は、監督・俳優専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ第7弾として製作された作品。6月23日に全国2館で封切られるや、社会現象ともいえる熱狂を巻き起こし、観客動員150万人突破の大ヒットを記録中だ。海外でも公開され、韓国での動員は1万人を突破している。

(映画.com速報)
ちょっと今から仕事やめてくる Blu-ray豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] ちょっと今から仕事やめてくる Blu-ray豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,065 第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の同名ベストセラーを、福士蒼汰主演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi