「カメラを止めるな!」動員120万人突破 大ヒット継続に上田監督らが歓喜の“ポン”! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月6日 > 「カメラを止めるな!」動員120万人突破 大ヒット継続に上田監督らが歓喜の“ポン”!
メニュー

「カメラを止めるな!」動員120万人突破 大ヒット継続に上田監督らが歓喜の“ポン”!

2018年9月6日 22:05

この日も舞台挨拶は大盛り上がり「カメラを止めるな!」

この日も舞台挨拶は大盛り上がり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 異例の大ヒットを記録中の上田慎一郎監督作「カメラを止めるな!」の100万人突破記念舞台挨拶が9月6日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた。上田監督をはじめ濱津隆之ら総勢22人が登壇し、満席の会場から熱狂的な歓声と拍手を浴びた。

8月31日に観客動員100万人を記録し、9月6日時点で120万人超え。上映館数は269館(終了および今後上映の劇場も含む)にのぼり、興行収入は16億円を突破している。社会現象とも言える熱狂ぶりに、上田監督は「6月23日の公開初日が大昔のように感じますし、永遠のように思える2カ月半でした。最初は2館から始まり、3週間で終わる予定でしたが、120万人突破。去年の夏の撮影からずっと走ってきてくれた方々と、自分の映画のように応援してくれた皆さんが、僕の1番の自慢です」と快哉を叫び、「(今作の)生みの親は僕たちスタッフ・キャストかもしれませんが、育ててくれたのはここにいる皆さんと、カメラの前にいる皆さん。こんなに熱い親がいっぱいいる映画は、ほかにないです。皆さんのおかげでこんなに元気な子に育って、まだまだ遠くまで走ってくれると思う。その背中を一緒に見守ってくれると嬉しいです」と感無量の面持ちを浮かべた。

一方で監督・日暮隆之役の濱津が「映画や業界のことはまったく詳しくないんですが、そんな自分ですら、すごいなと思うことばかり、この映画に出てから、身に降りかかってくる」とたどたどしく話すと、登壇陣は「まとめてもらっていいですか?」などと一斉にツッコミを入れ、場内を爆笑に包む。日暮の娘役の真魚は「真魚様~!」と熱烈な歓声を受け、日暮の妻役のしゅはまはるみは「今作が日本アカデミー賞の対象作品になりました! ひとえに、皆さんが応援してくださったおかげ。夢のようなレッドカーペットを歩ける可能性が出てきました」とにんまりと頬を緩めた。

この日はほかに、長屋和彰細井学市原洋山崎俊太郎大沢真一郎竹原芳子浅森咲希奈吉田美紀山口友和藤村拓矢眼鏡太郎曽我真臣佐渡未来イワゴウサトシ高橋恭子生見司織、音楽の鈴木伸宏、主題歌の山本真由美も出席。約1カ月ぶりに同館に凱旋した一同は、軽快なトークで笑いをさらい続け、上田監督は「余裕が出てきたね、舞台挨拶に!」と頼もしそうだった。最後は、しゅはまの劇中セリフに絡めた一本締めも。「ポン!」という掛け声が響き渡り、舞台上でも客席でも歓喜の笑顔が弾けていた。

映画は、監督・俳優専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ第7弾として製作された作品。30分以上の長回し、前半と後半が大きく異なる構成、何度も本編を見たくなるようなアイデアの妙、共感を集めてやまないキャラクターなど、全編にみなぎる映画的興奮が観客を魅了し続けている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi