「カメラを止めるな!」124館拡大公開に監督、キャストが涙で喜び 客席はスタンディングオべーション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月4日 > 「カメラを止めるな!」124館拡大公開に監督、キャストが涙で喜び 客席はスタンディングオべーション
メニュー

「カメラを止めるな!」124館拡大公開に監督、キャストが涙で喜び 客席はスタンディングオべーション

2018年8月4日 11:30

口コミで話題が広まり全国124館で拡大公開!「カメラを止めるな!」

口コミで話題が広まり全国124館で拡大公開!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]東京2館での公開から、海外映画祭での評判やSNSでの口コミが広がり、全国124の劇場での公開が決まった「カメラを止めるな!」。8月3日、拡大公開を記念した舞台挨拶がTOHOシネマズ日比谷であり、上田慎一郎監督とキャスト陣ら計19人が登壇した。

8月2日時点での累計動員数は、全国9館で6万7000人を突破。この日の会場となった、スクリーン12の約500席は発売後3分で完売した。上映後、観客からのスタンディングオべーションで迎えられた上田監督は「まさかTOHOシネマズでこんなに大きく映るとは……ふるえが止まりません」と感激の面持ちを浮かべ「いろんなところで『想像していませんでした』と話していますが、でも、どこかで映画の力を信じていました」と涙ぐみながら大ヒットの喜びを語った。

この日は、上田監督のほかに濱津隆之真魚しゅはまはるみ長屋和彰細井学市原洋山崎俊太郎大沢真一郎竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀合田純奈山口友和藤村拓矢曽我真臣佐渡未来秋山ゆずき市橋浩治プロデューサーが登壇。キャスト一人ひとりが、喜びの涙を浮かべながらそれぞれの感謝の気持ちを述べ、撮影の思い出を振り返った。

観客から、37分のワンカット部分を撮り直したいか?と問われた上田監督は「撮り直したいとは思いません」ときっぱり答え、「アドリブなどがいっぱい入った、二度と撮れないもの。これを超える自信がない」と説明。最後に、「今日のこの夜が僕たちの背中を押してくれます。映画が好きでよかった。たくさんの方に見ていただいて、映画っていいなあと思ってもらえれば」と締め、客席からの大きな拍手で見送られた。

映画は、専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざま挑戦に満ちた野心作。「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報