広瀬すず、コメディ映画初主演!“一度死んでみた”堤真一&“ゴースト”吉沢亮と共演

2018年9月10日 05:00

“父のことが死ぬほど嫌いな女子大生”に挑戦!
“父のことが死ぬほど嫌いな女子大生”に挑戦!

[映画.com ニュース] 女優の広瀬すずが、2020年に全国公開される「一度死んでみた(仮題)」でコメディ映画に初主演することがわかった。初タッグを組む堤真一、NHK連続テレビ小説「なつぞら」でも共演する吉沢亮のサポートを受け、テンション高く毒を吐きまくる“父のことが死ぬほど嫌いな女子大生”というハジけたキャラクターに挑戦する。

犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉光のオリジナル脚本を、テレビCM「三太郎」シリーズを手がけた浜崎慎治監督のメガホンで映画化。犬猿の仲の親子が「少しだけ死ぬ薬」を巡って巻き起こす騒動を、次々と繰り広げられる笑いとギャグの応酬、予測不能なスピード感ある展開で描き出す。

大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社社長の父親・計(堤)と2人暮らし。計が大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」と日々毒づいていた。そんなある日、偶然完成した「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだ計が、本当に“一度死んでしまう”。自身の会社を乗っ取ろうとする犯人をあぶりだすための秘策だったが、事情を知らない七瀬は動揺しまくり。そして“おばけ”となって姿を現した計、存在感が薄すぎて“ゴースト”と呼ばれている製薬会社社員・松岡卓(吉沢)とともに「乗っ取り計画の阻止」「計を無事に生き返らせる」というミッションに挑むが、事態は思いもよらない方向に舵を切る。

似顔絵を描いたサンドバッグを「クソオヤジ!」と日々殴り、「臭い!」と言っては計の顔面に消臭スプレーを吹きかけるという徹底した“父親嫌い”の七瀬を演じた広瀬は、「コメディ作品にずっと憧れがあったので、今回挑戦させて頂けると聞いて楽しみではありますが、面白くできるかどうか、楽しめる余裕があるか不安です」と胸中を吐露。「キャストの皆様もとにかく濃厚な方ばかりですし、もう、必死についていきたいと思います」と意欲を見せると、決めポーズの“人差し指を立てる”について「役作りとして、毎日撮影前に人差しを指立て、気持ちをあげる練習をしたいと思います(笑)」と語っている。

仕事に夢中になり過ぎて家庭が後回しになってしまう計役の堤は「とにかく面白かった!」という脚本について「“一度死んでみる”という奇抜な設定、軽快なテンポの会話劇、笑えて泣ける父娘のドラマ。野畑計という男を演じるなら? と想像しながら読み入ってしまいました」と絶賛。「独特の世界観をおもちの浜崎監督と、どんな父親像をつくれるか、是非ご期待ください!!」とアピールしている。

野畑製薬秘書室に所属する松岡に扮する吉沢は「僕の役は存在感がなく、隣にいるのに気づいてもらえないかわいそうな男ですが、個人的には存在感バリバリのキラキラした男より、こういったみんなから無視されるような、ザコキャラのほうが性に合っているので、撮影が今から楽しみです」とコメントを寄せている。メガホンをとる浜崎監督は、「こんな豪華なキャストに集結して頂けたことに大変感謝をしております! 映画初監督というプレッシャーに押し潰されそうですがしっかり舵をとっていきたいと思います。そして今まで見たことない広瀬すずさんに出会いたいです」と意欲をうかがわせている。

一度死んでみた(仮題)」は、9月上旬~10月上旬に関東近郊を中心に撮影予定。

(映画.com速報)

ジャッジ![DVD]

ジャッジ![DVD]

最安価格: ¥2,941

妻夫木聡、北川景子が偽の夫婦役で共演し、華やかな広告業界の裏側で繰り広げられるドタバタを描いたオリジナルコメディ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース