原作者・東野圭吾が「涙を堪えた」!「人魚の眠る家」コメント入り映像&場面写真が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月3日 > 原作者・東野圭吾が「涙を堪えた」!「人魚の眠る家」コメント入り映像&場面写真が公開
メニュー

原作者・東野圭吾が「涙を堪えた」!「人魚の眠る家」コメント入り映像&場面写真が公開

2018年9月3日 08:00

わが子を抱きしめる薫子、究極の選択にどんな答えを出す?「人魚の眠る家」

わが子を抱きしめる薫子、究極の選択にどんな答えを出す?
(C)2018「人魚の眠る家」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  国民的ベストセラー作家・東野圭吾氏から、自身の小説が映画化された「人魚の眠る家」を「間違いなく一級品の娯楽作品」と絶賛したコメント入り幕間映像と場面写真が公開された。

東野氏の作家デビュー30周年を記念して執筆され、発売からわずか1カ月で27万部を超えるベストセラーとなった同名小説をもとに、日本映画界の鬼才・堤幸彦監督が映画化。篠原涼子西島秀俊が夫婦役で映画初共演を果たした。

すでに離婚が決まっていた薫子(篠原)と、会社経営者の夫・和昌(西島)のもとに、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという知らせが届く。医師からは脳死を宣告され、回復の見込みがないなか、夫婦は「脳死を受け入れ臓器を提供するか、心臓死をただ待つか」という究極の二択を迫られる。

公開された場面写真では、わが子を抱きしめる薫子、離婚間近の和昌と微妙な距離を保ちながら冷め切った雰囲気漂う夫婦の姿、娘の治療として星野(坂口健太郎)が研究する最新技術を提案され、薫子が希望を見出すシーンなど、過酷な運命を背負った夫婦の姿が切り取られている。

また、幕間映像の最後には「原作者が泣いたらかっこ悪いという思いから懸命に涙は堪えましたが、皆さんは遠慮なく泣いてくださって結構です」という東野氏のコメントも紹介されている。

さらに東野氏は「自分の愛する存在が、健やかに眠っているようにしか見えないのに、もう命はありませんと宣告されたらどう感じるか。そしてどうするか。単純そうで複雑なこの問題に向き合うことから、私の執筆作業は始まりました」と振り返り、「物語を進めれば進めるほどに次々と難問が立ちはだかります。今回は、あらすじを立てて肉付けしていく、という書き方はできませんでした。壁に当たるたびに立ち止まり、苦悶しました」と執筆時の葛藤を明かす。

その上で、完成した映画について「やはり映像のプロは違いました。プロの役者は違いました。描かれているテーマは重く、ドラマは深く、派手なアクションシーンはありません。しかし間違いなく一級品の娯楽作品になっていました。私が密かに自負していた原作の“売り”を、見事に再現してもらっていました」と手放しで称賛している。

人魚の眠る家」は11月16日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報