「HHhH」を映画化 “金髪の野獣”を描く「ナチス第三の男」19年1月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月27日 > 「HHhH」を映画化 “金髪の野獣”を描く「ナチス第三の男」19年1月公開
メニュー

「HHhH」を映画化 “金髪の野獣”を描く「ナチス第三の男」19年1月公開

2018年8月27日 11:05

主演はジェイソン・クラーク「ナチス第三の男」

主演はジェイソン・クラーク
(C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS -
FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED -
NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化した「THE MAN WITH THE IRON HEART(原題)」が、「ナチス第三の男」の邦題で2019年1月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開されることがわかった。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」などのジェイソン・クラークが主演し、「ゴーン・ガール」などのロザムンド・パイクらが共演している。

本屋大賞のほか、フランスで最も権威のある文学賞「ゴング―ル賞」の最優秀新人賞に輝いた、仏作家ローラン・ビネによる世界的ベストセラー小説が原作。第二次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラーハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“ナチス第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公に、彼がいかに“金髪の野獣”と呼ばれる恐ろしき人物へと変ぼうし、38歳の若さで暗殺されたのかを描く。

映像化オファー殺到のなか、「フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争」のセドリック・ヒメネス監督が権利を獲得した。怪物・ハイドリヒの人間性に真正面から迫るとともに、彼を暗殺した青年たちの痛切な運命も瑞々しい心理描写で表現。ナチスとレジスタンスという両極の人々の足跡をたどり、想像を絶する真実を圧巻のリアリティで紡ぎ出した。

クラークがハイドリヒに扮し、パイクが妻・リナ役で出演。ほかジャック・オコンネルジャック・レイナーが若き暗殺実行者、ミア・ワシコウスカがその恋人を演じるなど、豪華キャストで激動の時代の真実を浮き彫りにする。あわせて披露されたポスタービジュアルでは、「なぜヒトラーでもヒムラーでもなく、彼だったのか?」という意味深長なコピーを添え、冷徹な青い瞳が印象的なハイドリヒの姿を活写している。

(映画.com速報)
猿の惑星:新世紀(ライジング)[Blu-ray/ブルーレイ] 猿の惑星:新世紀(ライジング)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥540 往年の人気SFシリーズをリブートしたシリーズ第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編で、知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程を描いた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • サスペリアの評論 サスペリア オリジナルを大きく越境したそれは、新たな“魔”の寓話を奏でる
  • フロントランナーの評論 フロントランナー 政治報道がワイドショー化する劇的な瞬間。マスコミと政治家、ゲスはどっちだ!?
  • ともしびの評論 ともしび ランプリングの、歳を重ねていっそう胸に迫る凍てつく眼差しの厳しい美
映画評論の一覧を見る
Jobnavi