世界的ベストセラーをドキュメンタリー映画化「いろとりどりの親子」ポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月15日 > 世界的ベストセラーをドキュメンタリー映画化「いろとりどりの親子」ポスター公開
メニュー

世界的ベストセラーをドキュメンタリー映画化「いろとりどりの親子」ポスター公開

2018年8月15日 08:00

いろとりどりの親子を見つめるドキュメンタリー「いろとりどりの親子」

いろとりどりの親子を見つめるドキュメンタリー
(C)2017 FAR FROM THE TREE, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的ベストセラーノンフィクションをドキュメンタリー映画化した「いろとりどりの親子」の公開日が11月17日に決定し、ポスタービジュアルが公開された。本作に登場する親子が寄り添う写真や、かわいらしいデザインがあしらわれた、温もりあふれるデザインとなっている。

原作は、作家アンドリュー・ソロモンが10年の歳月をかけて300に及ぶ家族を取材し、周囲とは“違う”性質を持った子どもと、その成長を見守る親へのインタビューをまとめた「FAR FROM THE TREE Parents, Children and the Search for Identity」。全米批評家協会賞を受賞し、ニューヨーク・タイムズ紙のベストブックに選ばれるなど、国内外で50以上の賞を獲得。さらに世界24カ国語に翻訳され、大ベストセラーとなった。

社会派ドキュメンタリー作品を手掛けてきた、エミー賞受賞監督レイチェル・ドレッツィンが原作に感銘を受け、映画化を実現。また、リチャード・リンクレイター監督作「6才のボクが、大人になるまで。」に参加したヨ・ラ・テンゴと、ビョークやアデルに愛される気鋭の現代音楽家ニコ・マーリーの音楽が作品全体を優しく包みこむ。

自閉症、ダウン症、低身長症、LGBTなど、いろとりどりの違いを抱えた子どもを持つ、6組の家族。原作者であり映画の語り手でもあるソロモンと父ハワードや、かつてダウン症の人々の可能性を世に伝える存在として人気を博し、「セサミストリート」にも出演していたジェイソンと母エミリーらの姿がとらえられている。ポスターにある「どんなときも、わたしはあなたを愛してる」という言葉の通り、苦しい時も楽しい時も子どもを愛さずにはいられない親の愛情や葛藤。違いを欠陥としてではなく、光として祝福し、愛する方法を見出していく親子の過程は、幸せの形が無限に存在していることを気付かせてくれる。

いろとりどりの親子」は、11月17日から東京・新宿武蔵野館ほか、全国で順次公開。

(映画.com速報)
6才のボクが、大人になるまで。[Blu-ray/ブルーレイ] 6才のボクが、大人になるまで。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 リチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi