「コード・ブルー」興収100億円視野の大ヒット発進!山下&新垣&戸田&比嘉&浅利が感謝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月27日 > 「コード・ブルー」興収100億円視野の大ヒット発進!山下&新垣&戸田&比嘉&浅利が感謝
メニュー

「コード・ブルー」興収100億円視野の大ヒット発進!山下&新垣&戸田&比嘉&浅利が感謝

2018年7月27日 18:29

興収100億に向けロケットスタート!「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

興収100億に向けロケットスタート!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドクターヘリが題材の人気ドラマシリーズを映画化した「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が7月27日、全国439スクリーンで公開初日を迎え、山下智久をはじめ新垣結衣戸田恵梨香比嘉愛未浅利陽介有岡大貴成田凌新木優子馬場ふみか安藤政信、メガホンをとった西浦正記監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。

シリーズ10周年に初めて製作された劇場版の公開に、山下は「この10年間続けてこられたのも、皆様が支えてくださったおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです」と満場の客席に向け頭を下げる。配給の東宝によると、27日午後3時時点で「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」(2016年1月23日公開、最終興行収入46.1億)対比172%を記録。「夏休み興行はこれから本格化することもあり、興収100億円を目指せる大ヒットスタートとなりました」と発表された。

この日は今作の「大切な人に思いを伝える」というテーマにちなみ、作品を支え続ける登壇陣が「互いに、今だから伝えたいこと」をフリップで発表。浅利は西浦監督へ向けて「(ドラマ)ファーストシーズン、川島海荷さんとのシーンで、泣けない僕に音楽を聞かせ泣かせてくれた。ありがとうございました」と語りかけ、場内の温かい拍手を浴びた。

比嘉&戸田&新垣は、それぞれ「みんなへ。大好きだっ!」「みんなへ。最高の時間をありがとう」「みんなへ。ありがとう」とメッセージ。比嘉は「エンドロールのメッセージは、役をこえて、自分に言ってもらっているような愛おしさがありました。改めて、出会えたことに感謝です」とほほ笑み、戸田も「初日を迎えるにあたって、ドラマ版であったいろんなことがフラッシュバックするんです。あんなことがあった、こんなことに助けられた、だとか。(有岡ら)フェローのみんなが私たちを先輩にしてくれたと思いますし、本当にみんなに支えてもらった。現場のスタッフさん含めて、大きな感謝しかなく、10年分のありがとうを伝えたいです」と目を細める。新垣は「未だにこの“5人”のなかに私がいることが、不思議な瞬間があるんです」と切り出し、「サードシーズンでまた集まって、インタビューを受けるなかでみんながお互いを『仲間だ』と認めてくれているんだとすごく感じ、単純にすごく嬉しくて。これがずっと続けばいいな、という思いで、皆さんに『出会ってくれてありがとう』」と明かしていた。

そして最後に、「泣かせちゃうかもしれないけど……」とつぶやいた山下。しかし挙げられたフリップには「みんなへ。次は何食べる?」と書いてあり、身構えていた一同をずっこけさせた。それでも「これからもずっと一緒に、人生の節目節目に関わっていく人たち。(今作で)一段落というか、送り届けることができたけれど、僕らの関係はまだまだ続いていく、という思いを込めて」と説明し、4人は「いいね~!」「最高」「嬉しい」「ちょっとウルッときちゃった」と思い思いに言葉をかけていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報