「ピース・ニッポン」中野裕之監督、“日本保存”プロジェクトへの協力をアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月14日 > 「ピース・ニッポン」中野裕之監督、“日本保存”プロジェクトへの協力をアピール
メニュー

「ピース・ニッポン」中野裕之監督、“日本保存”プロジェクトへの協力をアピール

2018年7月14日 18:15

中野裕之監督と渡辺祐氏「ピース・ニッポン」

中野裕之監督と渡辺祐氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 約8年間にわたり全国47都道府県・200カ所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」が7月14日、全国26館で封切られ、メガホンをとった中野裕之監督、30年来の親交があるラジオパーソナリティ・渡辺祐氏が、東京・新宿バルト9で行われた舞台挨拶に立った。

映画は、数年間に1度しか出合えない風景をカメラに収め、神道と仏教が混交する精神・自然観にフォーカスする「日本の精神」、豊かな気候風土が変化を生み出す「日本の四季」、そして奇跡の絶景を紡いでいく「一期一会の旅」という約111分間の3部構成。小泉今日子東出昌大がナビゲーターを務めている。

中野監督は「東日本大震災が発生した当時、自宅で3カ月くらい、自分の身の振り方を考えていたんです」と告白。「『現地に迷惑をかけない』『長いスパンでできること』という前提で“映像で残す”ということはできると思ったんです。言ってしまえば、東日本大震災のボランティアが今でも続いている形です」と本作のバックグラウンドを明かした。

「中野さんの原点は『美しいものを美しく撮る』。(撮影地のことを)調べていけば調べていくほど、どう表現してつなぐか、どうナレーションを入れるかいう深みに入ったんですよね?」と渡辺氏が問いかけると、中野監督は「(本編は)試写会をやってから既に3回直しているんです」と切り返した。「手が抜けないんですよ。以前のバージョンでは『1日に降る降雪量』『ひと冬に降る降雪量』が日本は世界一とうたっていたんです。でも、数字をチェックしていったら、イタリアで記録が更新されてしまった。冷や汗がだらっと出ましたね。ほかにも、日本の活火山は『110』と入れていました。でも、1個増えて、『111』になった(笑)」と苦労話を打ち明けた。

一般の人々が参加できるプロジェクトをスタートさせようとしている中野監督。日本の美しい風景、失われていく物の“保存”を目指しているようで「スマートフォンで撮影すれば、その光景を3D化できるというもの。撮影方法をレクチャーするサイトを立ち上げようとしている最中で、そこに画像を投稿すれば日本地図上にアップロードされます」と説明。東日本大震災の際にGoogleが立ち上げたサイト「未来へのキオク」を比較対象として提示し「ウィキペディアのような方式でないと、長くは続かない気がしています。知見がある人に声をかけていただいて、進めていきたいです。ご協力よろしくお願いします」と客席に言葉を投げかけていた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi