南沙良、初主演映画で成長実感「コンプレックスと向き合う大切さに気づいた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月14日 > 南沙良、初主演映画で成長実感「コンプレックスと向き合う大切さに気づいた」
メニュー

南沙良、初主演映画で成長実感「コンプレックスと向き合う大切さに気づいた」

2018年7月14日 15:50

舞台挨拶に立った南沙良、蒔田彩珠ら「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

舞台挨拶に立った南沙良、蒔田彩珠ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の南沙良蒔田彩珠が7月14日、初主演映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の初日舞台挨拶を、共演の萩原利久らと東京・新宿武蔵野館で行った。

きつ音症の志乃(南)とギターが得意だが音痴の加代(蒔田)が出会い、バンド活動を通じてそれぞれの悩みを克服し成長していく高校1年生の青春物語。撮影は昨年4月で、久しぶりに衣装の制服を着た南は「セーラー服にあこがれていたので、ときめいたことを思い出しました」、蒔田も「撮影はだいたい制服だったので懐かしい」と笑顔をはじけさせた。

南は実際にきつ音症の人に話を聞くなどして役づくりを進め、「原作を読むまでは、きつ音のことを知らなかったので、理解を深めるところから始めました。きつ音の方の話を聞いて感じたことが大きかった」という。そして、「自分の中にもたくさんコンプレックスがあった、それまではすべてを排除することばかり考えていたけれど、この作品と出合って嫌なところと向き合うことが大切なんだと気づくきっかけになった」としみじみ話した。

一方、「志乃の言葉を最後まで待つようにした。志乃の気持ちをくんで関わっていこうと思いながら演じた」という蒔田。撮影前の湯浅弘章監督の言葉が印象的だったそうで、「気持ちをどれだけつくっても、顔や体で表現しないと伝わらないということを言われ、その後の作品でも生かされています」と感謝した。

蒔田の「覚えていますか?」の問いかけに、湯浅監督は「おっ、おう」とあいまいに返したものの「役が15、16歳なので、その年齢の子を選んだ時点でリアリティがある。僕は感情の持って生き方を調整しただけ」と説明。本作が長編商業映画デビューとなり、「僕も役者も粗削りだけれど、作品のモチーフといい具合にシンクロした。処女作はもう、超えることはできないんじゃないかと思う」と自信のほどをうかがわせていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi