池松壮亮&満島真之介“人毛を食べるシーン”が最大の苦労「屈辱でした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月7日 > 池松壮亮&満島真之介“人毛を食べるシーン”が最大の苦労「屈辱でした」
メニュー

池松壮亮&満島真之介“人毛を食べるシーン”が最大の苦労「屈辱でした」

2018年7月7日 15:35

同志たちが撮影秘話を吐露「君が君で君だ」

同志たちが撮影秘話を吐露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恋する女性の“好きな人”に10年間もなりきった男たちを描く異色の恋愛映画「君が君で君だ」が7月7日、全国11館で公開初日を迎え、主演の池松壮亮をはじめ共演のキム・コッピ満島真之介、メガホンをとった松居大悟監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。

私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」などで知られる松居監督のオリジナル作品。伝説の歌手・尾崎豊になり切る男を演じた池松は「(映画製作には)いろんな人たちが関わっているので、特別な気持ちです」と公開の喜びを語り、ハリウッド俳優ブラッド・ピットになり切る男に扮した満島も「初めてに近い感覚で、同じ世代の人と映画をつくっていた。すごく映画に希望を感じたんです。こんなにも叫んで歌って笑って、泣いて怒って。あのときのすべてを出せた。監督やスタッフさんに感謝です」としみじみ明かしていた。

さらに池松は、撮影中に最も苦労したシーンを告白。「(ヒロイン役)コッピさんの髪の毛を食べるというシーンが後半にあるんです。コッピさんは2週間をともにして、同志のような、共犯者のような大切な存在。劇中では僕の愛する人という設定なので、コッピさん自身の髪の毛なら食べていいと思っていました。そうして現場に行ったら、(別に用意された)全然知らない人の人毛を食べさせられた。しかも夏の暑い、古いアパートの床に髪の毛が落ちて、それを2時間くらい、スタッフのおじさんたちがペタペタ踏むんですよ。それを拾って食べるという。足の裏の臭いがするんです……。屈辱でしたね」と苦笑交じりに振り返り、「『帰ってやろうか』と思ったけど、現場で抗議してもあれですし、僕は真面目な俳優ですから拾って食べたんです。一生懸命食べていたら、助監督に『もうおかわり、ありませんから』と言われた。すごく食べたい人みたいに見られて、屈辱でした」と話すと、場内を笑いが包み込んだ。

これを受け満島も「(同シーンで)一緒に食べています。流石に聞いているだけで、汗かいてくるくらい」と同調し、「そのシーンは楽しみにしていてください。固くならずに、笑ってもらえれば」とフォロー。対して「どう思いながら撮っていたんですか?」と問いかけられた松居監督は、「神話を撮っている感覚」と独特の感性で語っていた。

また、男たちが恋するヒロインを演じたキムは、3人に対して「現場で本当に良くしてくれました。すごく情がわきました。本当にありがとうございます。これからも応援していますし、いつかまた、ご一緒したいです」と感謝を示す。池松は「必死に泣こうとしたんですが、ダメでした。俳優としてまだまだだなと、自分に対して思っています」とジョークを飛ばしつつ、「日本に来て、いろんな難しいことがあったと思います。この映画が“日本映画的なもの”だと思われたら心配でしたし、日本を楽しめていないのではと心配でした。でも打ち上げの朝方に、コッピさんが一番号泣していて。こんなに感動して、帰りたくないと言ってくれるんだと思った。世界的に素晴らしい女優さんと、一緒に映画を作れてすごく光栄でした」と感慨深げに応じていた。

(映画.com速報)
私たちのハァハァ[DVD] 私たちのハァハァ[DVD] 最安価格: ¥4,990 大好きなバンドのライブを見に行くため、北九州から1000キロ離れた東京へ自転車で向かう4人の女子高生を描いた青春ロードムービー。
アズミ・ハルコは行方不明【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] アズミ・ハルコは行方不明【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,553 2013年に発表された山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優主演により映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi