池松壮亮、主演作「君が君で君だ」を珍アピール「やばい人たちのテラスハウス」

2018年6月26日 17:05

舞台挨拶を盛り上げた 池松壮亮、満島真之介、大倉孝二
舞台挨拶を盛り上げた 池松壮亮、満島真之介、大倉孝二

[映画.com ニュース] 恋する女性の“好きな人”に10年間もなりきった男たちを描く異色の恋愛映画「君が君で君だ」の完成披露試写会が6月26日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の池松壮亮をはじめ共演の満島真之介大倉孝二高杉真宙向井理YOU、原作・脚本・監督を務めた松居大悟監督が舞台挨拶に立った。

私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」などで知られる松居監督のオリジナル作品。池松、満島、大倉が演じる3人の男が思いを寄せるヒロイン(キム・コッピ)は、伝説の歌手・尾崎豊、ハリウッド俳優ブラッド・ピット、日本の歴史を大きく変えた坂本龍馬が大好きな女の子。男たちは容姿も人格も“好きな人”になりきったほか、自らの名前すら捨て去り、10年間彼女を見守り続けるが、やがてその恋路に大きな変化が訪れる。

中国で開催された、第21回上海国際映画祭でも上映された今作。現地入りした池松は「偉い人から帰り際に『こんな映画上映するな』って文句言われたみたいで。日本でも、公開前に打ち切りにならないか心配ですね」とぶっちゃけ、松居監督も「ちょっと『変態が過ぎる』と言われまして」と苦笑い。そして池松は、「人生の変化を望んでいる人に、個人的には見てほしい」としたうえで、「変な映画です。狂った純愛映画です。やばい人たちの『テラスハウス』のような映画です」と珍アピールで締めくくっていた。

また約1年前に行われた撮影のエピソードを問われると、満島は「本当に人が住んでいるアパートを借りた。踊ったり歌ったり叫んだりすごかったので、アパートが壊れるかと思った」とエネルギッシュな現場を振り返り、「臭かったですね~。汗とかいろんな臭さ」と愉快げ。今作で唯一まともな役どころだと自認する向井は、「とにかく3人(池松&満島&大倉)を気持ち悪いな、と思いながら見ていた(笑)。僕がいなかったら、上映できていないと思います。とんでもない方向に行っちゃうから」と語り、YOUも「3人組の光景は地獄絵図だった」と笑った。

舞台挨拶終盤は、「小さいころ、好きな子にやってしまった変なこと」というトークテーマに。松居監督が高杉に対し「好きな子のリコーダー、舐めたくなったりしなかった?」と詰め寄ると、満島は「え、舐めたことないの?」。YOUから「何本舐めたの?」と問いかけられた満島は、「2本。その子がリコーダーを替えたんです。最初は黒と白、高学年から真っ白なやつに。それは行っとかないと」と冗談混じりで告白したため、場内は爆笑と悲鳴に包まれていた。

君が君で君だ」は、7月7日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
君が君で君だ
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
私たちのハァハァ[DVD]

私たちのハァハァ[DVD]

大好きなバンドのライブを見に行くため、北九州から1000キロ離れた東京へ自転車で向かう4人の女子高生を描いた青春ロードムービー。
アズミ・ハルコは行方不明【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ]

アズミ・ハルコは行方不明【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,136

2013年に発表された山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優主演で映画化。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン