綾野剛、カオス渦巻く「パンク侍」現場を振り返る 浅野忠信はアドリブ全開も「覚えていない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月30日 > 綾野剛、カオス渦巻く「パンク侍」現場を振り返る 浅野忠信はアドリブ全開も「覚えていない」
メニュー

綾野剛、カオス渦巻く「パンク侍」現場を振り返る 浅野忠信はアドリブ全開も「覚えていない」

2018年6月30日 15:25

豪華キャストが勢ぞろい「パンク侍、斬られて候」

豪華キャストが勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 芥川賞作家・町田康氏の異色時代小説を映画化した「パンク侍、斬られて候」が6月30日、全国323館で封切られた。主演の綾野剛をはじめ、共演の北川景子東出昌大染谷将太浅野忠信永瀬正敏村上淳若葉竜也渋川清彦國村隼、脚本の宮藤官九郎、メガホンをとった石井岳龍監督は、東京・丸の内TOEI1での舞台挨拶に顔をそろえた。

「くっすん大黒」「きれぎれ」などで知られる町田氏が2004年に発表した同名小説を素に、“超人的剣客”を自称する掛十之進(綾野)が、自ら招いた大惨事に七転八倒するさまを描く。「(劇中には)まともな人間は1人もいません」と語った綾野は、「“宣伝不可能”と言ってきましたが、皆さんに見て頂いたことで、初めて不可能が可能になる作品だと確信しています」とアピール。だが、観客が物語をきちんと理解しているのか不安に感じたようで「『なんだ、この映画?』って感じですか? 僕もどうなのかがわからない(笑)。だからこそ良い映画なんですけどね」と言葉を投げかけていた。

登壇者それぞれが演じるキャラクターと“対峙”することが多かった綾野は、「諸先輩方がめちゃくちゃしてくれるので、本当に大変でした」と撮影を述懐。浅野演じる茶山半郎の初登場シーンについて「あそこは全部浅野さんのアドリブ。いきなりタックルされるし、その横では染谷のしょうやんが冷静にセリフを言っている。本当にカオス状態。訳が分からなかった」と語った。石井監督が迷いなく「OK」を出したのは、台本とは全く異なる展開だったようだ。

アドリブに関しては「役に成りきっていて覚えていない。とりつかれていた。どうかしていたと思う」と話した浅野は、「主役でなければ出演しない」とオファーを1度断っていた。「若い頃、監督にはお世話になっていたんで『監督の作品には主役で出るんだ』と心に決めていた。そしたら茶山役。図々しくも監督に『これはできません!』と言ったんです」と振り返り、茶山に「セリフなし」「黒子2人に喋らせる」という新たな設定を提案した。「どうしようかと思った(笑)」という石井監督の発言に続き、宮藤は「確かにこの役は喋らない方がいいと思いました。でも(劇中では)ベラベラ喋ってましたけど」とチクリ。すると、綾野は「(浅野に)黒子2人の言葉は『茶山の言葉ですよね?』と聞いたら『違う!』と。あれは最高に面白かった」と暴露し「本当にひでえ現場だったな(笑)」と胸中を吐露していた。

そして、綾野とともに「睾丸稲荷返し」シーンを熱演した村上が「あの形になった時、綾野君の股間からすごく良い匂いがした」と明かすと、場内は大爆笑。「それ、おかしいでしょ!」と笑いながらツッコミを入れる綾野をよそに「役に集中できなかった。夏(の到来)を告げる石鹸のような…素に戻っちゃって、監督に『撮影、止めてもらってもいいですか?』と言った(笑)」と“舌好調”だった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi