人気声優・神谷浩史、客席の幼児に“神対応”「わ~い! 楽しいよね!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月30日 > 人気声優・神谷浩史、客席の幼児に“神対応”「わ~い! 楽しいよね!」
メニュー

人気声優・神谷浩史、客席の幼児に“神対応”「わ~い! 楽しいよね!」

2018年6月30日 14:30

客席の幼児に“神対応”「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」

客席の幼児に“神対応”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気特撮ヒーローが共演する「スーパー戦隊VSシリーズ」の最新作「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」が6月30日、全国29館で公開初日を迎え、出演した岐洲匠岸洋佑山崎大輝大久保桜子榊原徹士田口翔大南圭介石垣佑磨岩永洋昭神谷浩史、メガホンをとった坂本浩一監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。

映画は、今年2月まで放送されていた9人の戦隊ヒーロー「宇宙戦隊キュウレンジャー」と、宇宙刑事ギャバン率いる東映ヒーローチーム「スペース・スクワッド」が融合する。キュウレンジャーのラッキー/シンレッド役を演じた岐洲は、「石垣さんと(TV版)18話で共演したんですけど」と前置きしたうえで、「そのときに『絶対にまた会えるから』とずっと言ってくれていました。そうしたら現実になった」と感謝。十文字撃/宇宙刑事ギャバン役の石垣は「18話のときに、追加戦士のオーディションをやっていて。鳳ツルギ役で受けていたつもりなんだけど。おまえに取られちゃったね!」といい、鳳ツルギ役の南は「よかった、ここにいられて!」とホッと胸をなでおろした。

当の南は終始登壇陣からいじり倒され、舞台挨拶は徐々に“南劇場”の様相を呈し始める。「僕は宇宙連邦大統領という役をやらせてもらっているんですけど、一番この映画の中でもドシッといられるかと思ったら、もう一つの宇宙から先輩たちがやってきてくださった。宇宙は広いなと思った」という発言には会場が爆笑に包まれ、笑いすぎて座り込んだ石垣は「二度とおまえとは共演したくねえ(笑)」、神谷は「南劇場を初めてこの距離で見ましたけど、大迫力!」と悲鳴をあげていた。

また、1年間にわたりショウ・ロンポー/リュウコウマンダー(声)役を務め、キュウレンジャーを見守ってきた神谷。「キュウレンジャーの成長ぶりは?」と問われた際には、客席の幼児が「わ~い!」と歓声をあげたため、神谷は「わ~い! 楽しいよね!」と“神対応”を見せ場内を沸かせた。その後「(佐久間小太郎役の14歳)田口くんは大きくなったよね」とほほ笑みかけ、石垣も「ラッキー(岐洲)とちょうど1年ぶりに共演したけど、ファイターの顔になっている。戦い続けている男の顔」と称賛していた。

さらに「次に戦ってみたい相手は?」と聞かれた神谷は、「声優としては、飯塚昭三さんを倒したい!」と声優界の超重鎮を引き合いに豪語。続けて「飯塚昭三さんは(役どころで)1回も宇宙を征服したことがない。だから1回は征服させてあげたい。そこから取り戻すというね」と夢をふくらませていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi