クリス・プラットのプレゼン力が試される!?「ジュラシック・パーク」60秒説明映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月29日 > クリス・プラットのプレゼン力が試される!?「ジュラシック・パーク」60秒説明映像公開
メニュー

クリス・プラットのプレゼン力が試される!?「ジュラシック・パーク」60秒説明映像公開

2018年6月29日 18:00

サービス精神旺盛なハワードと プラットの掛け合いにも注目「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

サービス精神旺盛なハワードと
プラットの掛け合いにも注目
(C)Universal Pictures (C)Universal
Studios and Amblin Entertainment, Inc.
and Legendary Pictures Productions, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米では6月22日に公開され、約1億4800万ドルのオープニング興収で週末ボックスオフィス首位デビューを果たした「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のクリス・プラットブライス・ダラス・ハワードが、シリーズ第1作「ジュラシック・パーク」を60秒で紹介する特別映像が公開された。

「第1作を見てない人はいないはず」(ハワード)、「赤ん坊か、25年間昼寝をしていた人以外はね」(プラット)という軽妙な掛け合いから映像は始まる。プラットの合図をきっかけにカウントが開始され、スティーブン・スピルバーグ監督が手掛け、世界を驚かせたエポックメイキング作の名場面の数々が、2人の解説とともに紹介される。

「監督スティーブン・スピルバーグ」のエンドクレジットが表示され、クリスが「終わりだ!」と止めたカウントは、果たして60秒以内なのかが気になる上に、「ジュラシック」シリーズを語るのに欠かせない恐竜の紹介を忘れていたなど、ハプニングが続出する映像となっている。

ジュラシック・パーク」公開当時は18歳だったという、今作のフアン・アントニオ・バヨナ監督は、「私たちの惑星に数百、数千万年前に生きていた恐竜たちには、どこかとてつもなく人をひきつけるところがあり、それを絶滅の彼方からよみがえらせようというアイデアは興味をそそるものだった。いくつもの物語を生み出すほど独創的であり、遊び心たっぷりのアイデアだ。スクリーンで初めてブラキオサウルスを見た時、これはもうなんでもありだ、何でも可能だ、と思った」とコメントを寄せている。

ジュラシック・ワールド 炎の王国」は、テーマパーク“ジュラシック・ワールド”を有するイスラ・ヌブラル島に火山噴火の危機が訪れるなか、パークの運営責任者だったクレア(ハワード)と恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(プラット)が恐竜を救い出そうと奔走するさまを描く。7月13日から全国公開。

ジュラシック・パーク[Blu-ray/ブルーレイ] ジュラシック・パーク[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,079 現代に甦った恐竜たちを小さな島で放し飼いにしているテーマ・パークが、完全制御の不備によりおちいるパニックを描くSFドラマ。スティーブン・スピルバーグ監督作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報