グレタ・ガーウィグ監督がインタビュー映像で明かす「レディ・バード」秘話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月8日 > グレタ・ガーウィグ監督がインタビュー映像で明かす「レディ・バード」秘話
メニュー

グレタ・ガーウィグ監督がインタビュー映像で明かす「レディ・バード」秘話

2018年6月8日 16:30

女性として史上5人目となる アカデミー賞監督賞ノミネート「レディ・バード」

女性として史上5人目となる
アカデミー賞監督賞ノミネート
(C) 2017 InterActiveCorp Films, LLC.
/Merie Wallace, courtesy of A24
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第90回アカデミー賞5部門ノミネート作「レディ・バード」(公開中)で、自身も監督賞・脚本賞のノミネートを受けたグレタ・ガーウィグの5分30秒におよぶインタビュー映像を、このほど映画.comが独占入手した。

主演作「フランシス・ハ」「ミストレス・アメリカ」で、ノア・バームバック監督と共同脚本を手掛けた個性派女優・ガーウィグの初単独監督・脚本作。米カリフォルニア州の田舎町サクラメントを舞台に、シアーシャ・ローナン扮する、自分のことを“レディ・バード”と呼ぶ17歳の女子高校生クリスティンの葛藤と成長が、爽やかさとユーモアたっぷりに描かれている。

「2013年から書き始めて、もとは350ページもある、とても長い脚本だったの。でも、そこから120ページまで減らして、今の脚本になった」と、「私のやり方はいつもこうなの」と明かすガーウィグ。同作ではクリスティンと母マリオン(ローリー・メトカーフ)の複雑かつ愛情深い関係が核として描かれているが、「人間関係の中で、最も面白くて濃厚で複雑な関係。こんなにも面白い題材なのに、映画で語りつくされていない気がした」と着想のきっかけを明かし、「恋愛を核にしなくても、少女の成長は描ける。本作には恋愛の要素も入れるけど、彼女の人間性を描く上で重点を置かなかった」と、これまでの青春映画とは一線を画す作品を意図したことをアピールしている。

女性監督として史上5人目となるアカデミー賞監督賞ノミネートを果たしたガーウィグだが、その快挙については、「とにかく嬉しかったわ」と感情を吐露。「特に、シアーシャ(・ローナンの主演女優賞)とローリー(・メトカーフの助演女優賞)のノミネートが本当に嬉しい。そして、監督・脚本家として認められたことは本当に意義深いわね。それが尊敬する映画製作者たちにこんな形で受け入れられて。今後も作り続けることを肯定された気分よ!」と喜びを語っている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi