「女性から大きな影響を受けた」「バーフバリ」監督が明かすヒロイン誕生秘話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月1日 > 「女性から大きな影響を受けた」「バーフバリ」監督が明かすヒロイン誕生秘話
メニュー

「女性から大きな影響を受けた」「バーフバリ」監督が明かすヒロイン誕生秘話

2018年6月1日 17:00

S・S・ラージャマウリ監督「バーフバリ 王の凱旋 完全版」

S・S・ラージャマウリ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]本国インドで大ヒットしたほか、日本でも異例のロングランヒットを記録した「バーフバリ 王の凱旋」のオリジナル・テルグ語完全版「バーフバリ 王の凱旋 完全版」が公開された。来日したS・S・ラージャマウリ監督が作品を語った。

古代インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」をベースに、伝説の戦士バーフバリの壮絶な愛と復讐を描く。インターナショナル版よりも26分長い完全版は、ヒロインのデーヴァセーナが歌い踊る楽曲「かわいいクリシュナ神よ」のシーンなど、日本初公開のシーンが含まれた167分。

--世界的成功をどのように受け止めていますか?

「成功によって私が手にしたものは、“時間”です。映画を作らずに、この1年間は世界を回り、取材を受けたりしています。これが宣伝なのか、感謝祭なのかわからないくらいです。人間として変わってはいませんが、やはり愛と精魂を込めて、信じたことに打ち込むと、良い結果が出ると言うことです。私は99.9パーセントではなく、100パーセントこの映画に打ち込んだ、その結果だと思います」

--インドは多民族、他言語、多宗教の国です。製作にあたり、そのような背景は配慮されたのでしょうか?

「『バーフバリ』はかなりの大作として企画され、予算も大きいことから、かなりの市場を念頭に置かないと回収は不可能でした。だからと言って、それぞれの文化や言語に合うように映画を変えると、魂のない映画になってしまい、それでは何も成し遂げることができないことはわかっていました。ですから、テルグ語のスタイルや、キャラクターは変えずに、私たちの世界観を維持しました。テルグ語といっても、インド映画として純粋に作った気持ちがあります。また、言語圏にあわせた映画を作っていると、その言語圏のスターを使うことになります。スターありきで作る映画では市場が限られてしまいます。バーフバリ役のプラバースは大スターではありますが、この映画はスター映画というよりもコンテンツありき。そういった意味で、いろんな市場で受け入れられたのだと思います」


画像2

(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

--ヒロインのデーヴァセーナは、現代的な魅力のあるキャラクターですね。

「私は人生で、特に女性から大きな影響を受けています。母、義理の姉、妻……彼女たちの周りにいると、人間として成長できると感じ、私の人生が豊かになりました。成功するとしないとはまた別の次元の話です。バーフバリはとても力強いキャラクターです。女性の影響を受けているからこそ、彼は強く、かつ女性を同等に見ているのだと思うのです。女性の強さがあることによって、更に彼が輝くということは、自分の経験に基づいたことです。デーヴァセーナは劇中で『あなたのために死ぬことはあっても、あなたのために生きることはない』と言いますが、つまり、男性の犠牲にはならず、自分のために生きると宣言したのです。それを聞いて、バーフバリが頭(こうべ)をたれ、『私はあなたのものです』と言った。それはある意味、デーヴァセーナの方が上手(うわて)だという気持ちだったのではないでしょうか。ただ、私の目的はフェミニズムを表現することではなくて、ドラマなのです。良いドラマを描きたいために強い女性を作ったのではなく、彼女がこの物語で必要だったからです」

--独創的なコスチュームは、インドの伝統的なデザインを用いているのですか?

「全てコスチュームデザイナーの妻の仕事です。私が子どものころから読んでいるコミックからも影響を受けています。彼女が重視したのは実利的なところ。アクションが多いので、撮影のために見た目が良いだけでなく、実用的なものを作りました。2番目は素材です。この映画のために、キャラクター造形を何百と描き、マヒシュマティ王国のバイブルのようなものを作って、スタッフに配りました。伝統的なインドの兵士のコスチュームではなく、全て創作です。ほとんど妻のアイディアです」

--今後の新作に対するプレッシャーはありませんか?

「プレッシャーはないですね。物語を伝えることを楽しみにしているので、成功するかどうかは、今までもこれからも、自分の手中にはなく、見えない大きな力が働いていると思います。ただ、現場にいることは楽しいし、なによりいかに自分の物語を伝えられるか、自分が自分の期待に応えられるかが重要なのです」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi