瑛太、子どもの頃の“いじめ”を告白も「罰が当たりました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月14日 > 瑛太、子どもの頃の“いじめ”を告白も「罰が当たりました」
メニュー

瑛太、子どもの頃の“いじめ”を告白も「罰が当たりました」

2018年5月14日 20:00

生田斗真と瑛太「友罪」

生田斗真と瑛太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「友罪」に主演の生田斗真瑛太瀬々敬久監督が5月14日、東京・明治大学駿河台キャンパスでの特別授業に参加し、学生とのディスカッションを行った。

映画は、1997年に起きた神戸の連続児童殺傷事件をモデルにした薬丸岳氏の同名小説が原作。かつて殺人を犯した少年Aと心に傷を負った元ジャーナリストが出会い、真実が判明したことで起きる衝撃、それぞれの葛藤を描くことから、2人は少年犯罪を学んでいる学生と活発な議論を交わした。

元ジャーナリスト役の生田は、「映画が決まる前に小説を読んでいて、映像として残すべき作品だと考えていた。実際にオファーをいただき、この作品を世に送り出そうというスタッフ、キャストの覚悟、熱意を感じながら撮影した」と説明。元少年Aという難役に挑んだ瑛太は、「少年Aの手記を読んで、育った環境や衝動など全否定できない部分があった。演じる上では役を愛したいので、台本の中にある役に気持ちを乗せていった」と苦労を語った。

学生からの「かつて人を傷つけて後悔したことは?」という質問に、生田は表情をゆがませ「幼い頃、クラスの輪の中に入れない子に、なんで手を差し伸べなかったんだろうという思いはある。故意ではなく、知らず知らずのうちに悲しい思いをさせていたことはあるかもしれない」と神妙な面持ち。一方の瑛太は、「同じサッカーチームに僕よりうまい同級生がいて、その子に白髪が生えていたから石灰が付いているといういやがらせをしていたら、その1週間後に僕にも白髪が生え始めました。罰が当たったんです。白髪は今も染めています」と明かし、会場を和ませた。

学生への質問でも、瑛太は「瑛太生田斗真、どっちが好きですか? 結果は分かっているけれど」と自虐を交えた直球を投げた。結果は意外!?にも瑛太の方が上回り、「斗真、ごめん」と謝りながらも、自身を好きな理由を聞くなどうれしさを隠し切れない様子だった。

「友罪は、5月25日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi