生田斗真、問題作「友罪」にかけた“尋常じゃない覚悟”告白 瑛太は“雨男”の存在を指摘

2018年4月24日 20:15

生田斗真×瑛太
生田斗真×瑛太

[映画.com ニュース] 薬丸岳氏のミステリー小説を映画化する「友罪」の完成披露試写会が4月24日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、ダブル主演の生田斗真瑛太をはじめ共演の佐藤浩市夏帆山本美月富田靖子、メガホンをとった瀬々敬久監督が舞台挨拶に出席した。

かつて世間を震撼させた少年犯罪に着想を得て創出された、重厚な社会派作品。ジャーナリストの夢に破れ町工場で働き始めた益田(生田)は、同じタイミングで入社した鈴木(瑛太)と出会い、次第に心を通わせていく。しかしあることがきっかけで、益田は「鈴木は17年前の連続児童殺傷事件の犯人では?」と疑いを持ち始める。

生田は「はっきり言って問題作です」と断言し、「賛否両論も巻き起こると思っています。ですが監督の指揮のもと、すべてのキャスト・スタッフが尋常じゃない覚悟を持って向かった作品です」と矜持を告白。オファーを受けた際を「富田さんもおっしゃる通り、絶対にやらなくてはならない題材だと感じました」と話し、「製作中も、出来上がってからも、スタッフの皆さんと『作ってよかったのだろうか』と考えていました。しかし同じ時代に生きてきた者として、エンタテインメントとして表現することは必要だと、覚悟を持って挑むことにしました」と力強く語った。

瑛太は「衣装合わせで監督から『僕が俳優だったら、この役は受けない』と言われた」という壮絶な役どころだったが、「撮影時、結構雨が降った。晴れのシーンなのに曇りになったり、『これは多分、生田斗真、雨男だな』と思った。今日も雨が降っていますし」とポツリ。瀬々監督も「(天気のせいで撮影を)延ばしたんですが、また次も天気が悪くて。助監督から『今日撮らないとやばいです』と言われ、撮りました。生田くんのせいだと気がついて、今日は良かった」と乗っかり、生田は「やめてください! 風評被害ですよ」と悲鳴をあげていた。

また、3度目の共演となった生田&瑛太。生田が「多くを語らなくても、どこか太い部分でつながっているような関係。現場では隣同士で座ったり、すごい遠いところに座ったり。たくさん話すときもあれば、全然話さないこともある。それが心地良かった」と頼もしげな視線を寄越せば、瑛太も「生田斗真という俳優がどういった覚悟で来るか、というのはわかっている。とにかく僕は現場で役に集中していれば、そこでいろんな反応が起きてくる。斗真に甘えていることができました」と応じる。一方で生田は「いろんな取材を受けたりするんですけど、『~テレビをご覧の皆さん、生田斗真です、瑛太です』と言うとき、この人、自分の名前、噛んだんです。3文字なのに」とぶっちゃけるも、場内は“ややウケ”。瑛太も「それ、あんまり面白くないよね」と苦笑を浮かべ、たまらず生田は報道陣に対し「暗い映画なので、こういうのも入れておかないと。(見出しは)『生田、滑った』みたいな。やかましいわ!」と鋭い眼光を向けていた。

友罪」は、5月25日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
友罪
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン