「ペット・セメタリー」リメイク版にジェイソン・クラーク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月1日 > 「ペット・セメタリー」リメイク版にジェイソン・クラーク
メニュー

「ペット・セメタリー」リメイク版にジェイソン・クラーク

2018年5月1日 12:00

ジェイソン・クラーク「ラ・ラ・ランド」

ジェイソン・クラーク
Photo by Desiree Navarro/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・キングの同名長編小説を映画化した1989年のホラー映画「ペット・セメタリー」のリメイク版に、ジェイソン・クラーク(「ゼロ・ダーク・サーティ」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」)が主演交渉中と、米ハリウッド・レポーターが報じた。

米パラマウント・ピクチャーズは、2014年のホラー映画「Starry Eyes(原題)」の監督コンビ、デニス・ウィドマイヤー&ケビン・コルシュをリメイク版の監督に起用している。

キング自ら脚色にあたったオリジナル版「ペット・セメタリー」は、メアリー・ランバートが監督、デイル・ミッドキフが主演。トラックが行き交う道路沿いに引っ越してきた一家が、れき死したペットの猫を近所のペット・セメタリー(動物墓地)に埋葬したところ、猫が生き返る。日を置かずして、今度は幼い息子ゲイジがトラックにはねられ死亡し、嘆き悲しむ父ルイス(ミッドキフ)は、ある覚悟を胸に遺体を同じ場所に埋葬する。

リメイク版では、クラークがルイス役を演じるようだ。ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラがプロデュース。「ゾンビ・ホスピタル」のジェフ・ブーラーが、最新版の脚本を執筆している。

クラークは、ジョン・F・ケネディ元大統領の末弟エドワード・ケネディ氏が1969年に起こしたチャパキディック事件を映画化した主演作「Chappaquiddick(原題)」が現在、全米公開中。また、「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督による、米宇宙飛行士ニール・アームストロングの伝記映画「First Man(原題)」でライアン・ゴズリングと共演しており、同作は10月12日全米公開が予定されている。

(映画.com速報)
ペット・セメタリー[DVD] ペット・セメタリー[DVD] 最安価格: ¥927 アメリカ・メイン州を舞台に、死者を蘇らせるといわれる墓場“ペット・セメタリー”で起こる惨劇を描く、スティーヴン・キング原作のホラー小説を映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi