米ワーナー、ブレット・ラトナー監督との関係を解消 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月1日 > 米ワーナー、ブレット・ラトナー監督との関係を解消
メニュー

米ワーナー、ブレット・ラトナー監督との関係を解消

2018年5月1日 11:00

ブレット・ラトナー監督「ランペイジ 巨獣大乱闘」

ブレット・ラトナー監督
Photo by Michael Tran/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、ブレット・ラトナー監督率いる制作会社ラットパック・デューン・エンターテインメントとの関係を解消したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ラットパック・エンターテインメントは、2012年に「ラッシュ・アワー」シリーズで知られるラトナー監督がオーストラリアの資産家ジェームズ・パーカーとともに立ち上げた制作・出資会社で、13年にデューン・エンターテインメントと合併。同年、米ワーナー・ブラザースの映画作品に共同出資を行う契約を締結。以来、ワーナーの70作品以上にわたり出資してきた。

しかし昨年11月、ロサンゼルス・タイムズ紙がラトナー監督からセクハラを受けたとする女性6人の証言を掲載したことをきっかけに、関係が悪化。ラトナー監督自身は疑惑を完全否定したものの、ワーナーの大ヒット映画「ワンダーウーマン」の続編を準備中のパティ・ジェンキンス監督や主演のガル・ギャドットが同社の関与を懸念するコメントを発表したことから、ワーナーの対応に注目が集まっていた。

そしてこのほど、ドウェイン・ジョンソン主演のワーナー最新作「ランペイジ 巨獣大乱闘」(ブラッド・ペイトン監督)をもってラットパック・エンターテインメントとの共同出資契約が満了となったことを受け、ワーナーは契約更新をしないと発表。ラトナー監督のファーストルック契約も満了しており、ラトナー監督がプロデューサーとして参加予定だったワーナー作品「ゴールドフィンチ」から除名されていることから、ラトナー監督は完全に切り離されたことになる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi