ノオミ・ラパス主演のスリラーに「ハンドメイズ・テイル」のイボンヌ・ストラホフスキー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月15日 > ノオミ・ラパス主演のスリラーに「ハンドメイズ・テイル」のイボンヌ・ストラホフスキー
メニュー

ノオミ・ラパス主演のスリラーに「ハンドメイズ・テイル」のイボンヌ・ストラホフスキー

2018年4月15日 19:30

イボンヌ・ストラホフスキー「LION ライオン 25年目のただいま」

イボンヌ・ストラホフスキー
Photo by Emma McIntyre/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」などで知られるノオミ・ラパスが主演する心理スリラー「Angel of Mine(原題)」に、イボンヌ・ストラホフスキーが出演することがわかった。

ストラホフスキーは、Huluの大ヒットドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」に出演。環境汚染により少子化が進んだ近未来の国で、性奴隷として司令官に仕える侍女オブフレッド(エリザベス・モス)を描く物語で、ストラホフスキーはウォーターフォード司令官(ジョセフ・ファインズ)の妻セレーナ役を演じている。

米ハリウッド・レポーターによれば、新作「Angel of Mine」は、娘を亡くした悲しみから立ち直れない女性(ラパス)が、あるとき他人の子として出合った女の子が、亡くなったはずの自分の娘だと直感し、真相を探るうち常軌を逸していくというストーリー。ストラホフスキーは、女の子の母親クレア役を演じる。

本作は、カトリーヌ・フロ主演の仏映画「L’Empreinte de L’Ange(原題)」(2008)のリメイク作品で、「虹蛇と眠る女」のキム・ファラントが監督。「LION ライオン 25年目のただいま」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたルーク・デイビスと、デビッド・リーガルが脚本を執筆している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi