大杉漣さん最後の主演映画「教誨師」死刑囚との対話を描く特報&ビジュアル披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月12日 > 大杉漣さん最後の主演映画「教誨師」死刑囚との対話を描く特報&ビジュアル披露
メニュー

大杉漣さん最後の主演映画「教誨師」死刑囚との対話を描く特報&ビジュアル披露

2018年4月12日 18:00

ほぼ教誨室での会話劇が展開する「教誨師」

ほぼ教誨室での会話劇が展開する
(C)「教誨師」members
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2月21日に死去した大杉漣さん最後の主演映画「教誨師」のティザービジュアルと特報映像が、このほどお披露目された。

本作のエグゼクティブプロデューサーも務めた大杉さんが演じるのは、受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く存在である教誨師(きょうかいし)。独房で孤独に暮らす6人の死刑囚と対話する主人公の佐伯に扮し、その苦悩や葛藤を描き出す。ほぼ教誨室での会話劇で、役者たちの緊張感溢れる演技の応酬から、人間の本質を浮かび上がらせる。

「死刑囚6人との対話が始まる。」というキャッチコピーが添えられたティザービジュアルは、真っ直ぐに前を見つめる佐伯の表情が印象的。あわせて、公開されたチラシの裏面には「なぜ、生きるのか。」という重厚な言葉とともに、原っぱでひとり佇む佐伯の姿をとらえている。

ピアノの優しい音色が響く特報映像では、廊下を歩く佐伯に加え、彼が寄り添うことになる死刑囚6人の姿を活写。自己中心的な若者・高宮(玉置玲央)、おしゃべりな関西の中年女性・野口(烏丸せつこ)、お人よしのホームレス・進藤(五頭岳夫)、家族思いで気の弱い父親・小川(小川登)、心を開かない無口な男・鈴木(古舘寛治)、気のいいヤクザの組長・吉田(光石研)が映し出されている。

教誨師」は、「休暇」「アブラクサスの祭」の佐向大監督がメガホンをとった。10月6日より東京・有楽町スバル座ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
アブラクサスの祭[DVD] アブラクサスの祭[DVD] 最安価格: ¥410 現役住職で芥川賞受賞作家の玄侑宗久原作を映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi