吉沢亮、ドギマギ告白!「ママレード・ボーイ」桜井日奈子に「ずっとキュンキュンしてた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月21日 > 吉沢亮、ドギマギ告白!「ママレード・ボーイ」桜井日奈子に「ずっとキュンキュンしてた」
メニュー

吉沢亮、ドギマギ告白!「ママレード・ボーイ」桜井日奈子に「ずっとキュンキュンしてた」

2018年3月21日 20:45

ずっとキュンキュンしてました「ママレード・ボーイ」

ずっとキュンキュンしてました
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉住渉氏による人気少女コミックを実写映画化した「ママレード・ボーイ」の完成披露試写会が3月21日、東京・品川のインターシティホールで行われ、ダブル主演の桜井日奈子吉沢亮をはじめ、共演の佐藤大樹優希美青筒井道隆谷原章介檀れい中山美穂、メガホンをとった廣木隆一監督が舞台挨拶に出席した。

高校生の小石川光希(桜井)はある日突然、両親(檀&筒井)から「離婚する。ハワイで出会った松浦夫妻(中山&谷原)と互いのパートナーを交換して再婚する。松浦夫妻の1人息子・遊(吉沢)も含め一緒に暮らそう」と告げられる。2組の家族による常識外れな共同生活が始まり、光希は無愛想だが優しい遊に惹かれていく。

キャスト陣が“ママレード・カーペット”を歩いて登場すると、観客約500人の興奮は最高潮に。映画初主演を飾った桜井は、「この場に立てていることの幸せを噛み締めています」と万感の思いを込め、吉沢は「どの世代の方が見てもキュンキュンしてもらえます。それだけでなく、光希と遊の成長物語でもありますし、恋が愛に変わっていく。子どもから大人になっていろんなことを知っていく話でもあります。すごく感動する物語です」とアピールにつとめた。

さらに吉沢は、撮影中の桜井との関係を問われると「ずっとキュンキュンしていました」と告白。しかし「妖精みたいなんですよ。でも一緒にいるとすごくノリもいいし、人間的なんです。雰囲気、妖精。中身、人間。なんて言うんですかね、こういうの。すごく可愛らしい瞬間がいっぱいあって、カメラが回っていないときもキュンキュンしていました」とドギマギと語り、「何でだろう、服かな? トータルが妖精なんです。見た目から空雰囲から近寄りがたい……。もうわかんない、やめましょう」と的確な表現を見つけるため言葉を重ねた。そんな様子に谷原は、「どんどん迷路にはまり込んでるね(笑)。でも言うことはわかる。いろんな表情があるから、『これ』と言い切れない。そういうことだよね」と優しくフォローを入れていた。

また父親役に扮した谷原は、撮影中の桜井&吉沢について「家族のシーン、皆でいる時にふと気づくと、吉沢くんと桜井さんがソファーの端っこに座って話をしていた」と述懐。「変に親みたいな気分になって『けしからん』と思ったり、でも頑張る人を応援したい自分もいた」と柔らかな親心も見せたものの、こらえきれずに「僕ら親が知らないところで、(劇中の光希&遊が)いろんなことをやっている。『けしからん! 何やってるんだ』と。声が裏返るくらい複雑な心境になりました(笑)。でも同時に『俺もこうだった』と思い出す、不思議な感じでした」とまくしたて、場内の笑いをさらっていた。

なおこの日は、原作・吉住氏からのコメント披露や、○×の札を上げる恋愛タイプ診断も行われた。「ママレード・ボーイ」は、4月27日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi