クリステン・スチュワート、女優ジーン・セバーグを描く政治スリラーに主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月19日 > クリステン・スチュワート、女優ジーン・セバーグを描く政治スリラーに主演
メニュー

クリステン・スチュワート、女優ジーン・セバーグを描く政治スリラーに主演

2018年3月19日 11:00

ジーン・セバーグ(右)を演じる クリステン・スチュワート「ウーナ」

ジーン・セバーグ(右)を演じる
クリステン・スチュワート
Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images、
Photo by Central Press/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャン=リュック・ゴダール監督「勝手にしやがれ」をはじめ「悲しみよこんにちは」「孤高」などで知られる、アメリカ人女優ジーン・セバーグを描く新作ポリティカルスリラー「Against All Enemies(原題)」に、クリステン・スチュワートが主演することがわかった。

1950年代にセシルカットで一世を風びしたセバーグは、数多くのヌーベルバーグ作品に出演して人気を集めた。女優だけでなく、活動家としての顔も持っていた彼女は、公民権運動に熱中し、ブラック・パンサーを支持してFBIからマークされた。

米Deadlineによれば、新作「Against All Enemies」は60年代後半のロサンゼルスを舞台に、若手FBI捜査官が公民権運動にのめり込むセバーグを監視する実話をもとにしたストーリー。セバーグ役をスチュワートが演じ、恋人だった活動家ハキム・ジャマル役としてアンソニー・マッキー、若手FBI捜査官役としてジャック・オコンネルが出演。ほかにマーガレット・クアリーコルム・ミーニーが共演する。

ラ・ラ・ランド」のフレッド・バーガーがプロデュース、「栄光のランナー 1936ベルリン」の脚本家コンビ、ジョー・シュラプネルアナ・ウォーターハウスが脚本を執筆し、「ウーナ」のベネディクト・アンドリュース監督がメガホンをとる。今夏クランクイン。

(映画.com速報)
勝手にしやがれ[Blu-ray/ブルーレイ] 勝手にしやがれ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 ヌーヴェル・ヴァーグの雄ジャン=リュック・ゴダール監督が贈る、奔放に生きる若者たちの姿を描いた傑作青春映画。
悲しみよこんにちは[DVD] 悲しみよこんにちは[DVD] 最安価格: - フランソワーズ・サガンの原作を映像化。17歳の少女を主人公にし、若い世代の心理を描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi