錦戸亮、米80キロを贈られ驚き「爆発とかしない?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月13日 > 錦戸亮、米80キロを贈られ驚き「爆発とかしない?」
メニュー

錦戸亮、米80キロを贈られ驚き「爆発とかしない?」

2018年2月13日 13:00

富山県産の米80キロがプレゼントされた「羊の木」

富山県産の米80キロがプレゼントされた
[拡大画像]

[映画.com ニュース]山上たつひこ原作、いがらしみきお作画の漫画を実写映画化した「羊の木」の大ヒット御礼舞台挨拶が2月13日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の錦戸亮をはじめ共演の木村文乃、メガホンをとった吉田大八監督が出席した。

今作が「度重なる衝撃の物語」と宣伝されていることにちなみ、この日のイベントはサプライズ演出が乱れ飛んだ。開始直後、木村と吉田監督が登壇したものの、錦戸の姿はない。すると錦戸が客席から登場し、場内は黄色い悲鳴に包まれた。観客とともに本編を鑑賞していたという錦戸は、「多分誰も(自分に)気づいてなかったですね。映画に集中されていたんだと思う」と笑顔を見せ、「ここまで大きいスクリーンで見たことがなかった。多くの人が来てくれていて嬉しいし、長く続くと良いなとも思います」と晴れやかに語った。

さらに「お米が大好物」という錦戸&木村に、ロケ地となった富山県産の米80キロがプレゼントされた。2キロ×40袋が壇上に運び込まれるや、木村は目を輝かせて駆け寄ったが、やや引き気味の錦戸は「サプライズなんでしょ? (米が)爆発とかしない?」「すごい警戒してしまう」と恐れおののいた。それでも「どうやって食べたいか? 明太子とかと一緒に食えたら」と頬を緩め、木村も「つい数日前に母が、すごくおいしい“すじこ“を送ってきてくれた。それで食べたいですねえ!」と明かしていた。なお吉田監督には、原作・山上氏&いがらし氏からの手紙が寄せられた。

そして最後のサプライズは、観客が映画の感想を書いたパネルを掲げるというもので、登壇陣は「『因果応報』って書いてある」(吉田監督)、「その隣、『のろろ』だけですよ(笑)」(錦戸)、「『ラーメン』と書いてくださってる!」(木村)と喜びを示した。また「いろんな人の気持ちが集まると、びっくりしすぎて意外と何も言えないものですね」と言葉を失っていた錦戸は、「前回、映画に出たのは4年前。今、平昌オリンピックで盛り上がっていますよね。2年後にもオリンピックはありますから、僕も次は4年後ではなく……。それまでに鍛錬し、精進して皆さんに素敵な映画を届けられるように頑張ります」と決意をにじませ、観客の拍手を浴びていた。

2月3日に封切られた「羊の木」は、公開9日間で興行収入約3億6500万円、観客動員約28万人を記録。さびれた港町・魚深が、元殺人犯の男女6人を移住させる“国家の極秘プロジェクト”の舞台となり、市役所職員・月末一(錦戸)らの日常が狂っていく様子を描いたヒューマンミステリーだ。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi