錦戸亮、“職人技”で「TOKIO」超え狙う「細かい作業は結構得意」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月3日 > 錦戸亮、“職人技”で「TOKIO」超え狙う「細かい作業は結構得意」
メニュー

錦戸亮、“職人技”で「TOKIO」超え狙う「細かい作業は結構得意」

2018年2月3日 12:52

舞台挨拶に立った錦戸亮、松田龍平ら「羊の木」

舞台挨拶に立った錦戸亮、松田龍平ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山上たつひこ原作、いがらしみきお作画の漫画を実写映画化した「羊の木」が2月3日、全国213スクリーンで公開初日を迎え、主演の錦戸亮をはじめ共演の木村文乃北村一輝優香市川実日子水澤紳吾田中泯松田龍平、メガホンをとった吉田大八監督が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に出席した。

桐島、部活やめるってよ」の吉田監督が、錦戸と初タッグを組んだヒューマンミステリー。さびれた港町・魚深が、仮釈放中の元殺人犯の男女6人を移住させる“国家の極秘プロジェクト”の舞台となり、市役所職員・月末一(錦戸)らの日常が狂っていく様子を描いた。

上映後の舞台挨拶となったため、客席は異様な余韻が残っており「知らない町で新生活するとしたら、どんな職業に就きたい?」と質問を受けた錦戸は「そういうの、今聞ける状況ですか(笑)?」と問いかけ、観客を沸かせた。それでも「興味あるのは、左官屋さん。職人さんをYoutubeで見るのが好きで、ずっと見ています」と明かし、「細かい作業は結構得意なので。この映画で溶接もやらせてもらって、すごく楽しかった。(事務所の先輩)『TOKIO』兄さんを超えられるくらいの職人技を!」と野望を告白していた。

さらに木村は、「今の事務所に入るまで、ウェディングのアルバイトをしていました。付き添い、会場設営、給仕など。それがすごく楽しくて、今の事務所に拾われていなかったらずっとやっていたと思う。プランナーになりたかったです」としみじみ。松田は「今作で運送業の役をやっていて。結構しっくりきて、いいなあと。方向音痴だから、たどり着けるようになるまで時間がかかりますが、なんでもやり続けないと、そう簡単にできないですよね。(錦戸に目を向け)左官屋さんでも“壁”が出てくるでしょうね」と淡々と話し、錦戸から「(壁について)なんでそんな、小噺みたいな上手いことを?」とツッコミを入れられていた。

また錦戸は、今作を「きっと消化しにくいかも」と評したうえで、「ふとした瞬間に思い出して反芻し、ちょっとずつ消化していき、もう1回食べてみてください。見た人の数だけ答えがあり、いろんな人と感想を共有していただけたら楽しいと思う」と呼びかける。吉田監督も「感想を人に伝えづらいと思う。僕自身も、未だに説明する時に『どうすればちゃんと伝わるか』と緊張する」といい、「生きていくうえで疑うことはもちろん必要ですが、わからなくても信じる気持ちが多いほうが、生きていて楽しいことがある。そんなことを映画を作りながら考えていました」と胸中を明かした。そして北村は、共演した故深水三章さんに思いを馳せ「深水さんは、僕が駆け出しのころからお世話になっていた先輩。昨年末に亡くなり、今回が遺作になった。同じシーンでご一緒できたこと、今日また思い出しました。深水さんもきっと喜んでいるんじゃないかと思います」と神妙な面持ちで述べていた。

(映画.com速報)
桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 日本全国に「桐島現象」を巻き起こした驚異のロングラン作品がBlu-ray化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi