「リメンバー・ミー」主題歌に2000人がうっとり!藤木直人「何回聞いても心震える」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月12日 > 「リメンバー・ミー」主題歌に2000人がうっとり!藤木直人「何回聞いても心震える」
メニュー

「リメンバー・ミー」主題歌に2000人がうっとり!藤木直人「何回聞いても心震える」

2018年2月12日 05:00

D23で主題歌「リメンバー・ミー」を生歌唱!「アナと雪の女王 家族の思い出」

D23で主題歌「リメンバー・ミー」を生歌唱!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」で日本語吹き替え声優を務めた俳優の藤木直人と子役の石橋陽彩が2月11日、東京ディズニーリゾートで開催中のディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2018」に出席。舞浜アンフィシアターに集まった2000人以上のファンの前で、同作の魅力をアピールした。

トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ監督が、メキシコの祝日“死者の日”を題材に、家族の掟で音楽を禁じられたギター少年ミゲルがひょんなことから迷い込んだ死者の国で繰り広げる大冒険を描いた。“歌うま小学生”として脚光を浴びた石橋が主人公のミゲル、藤木はミゲルが死者の国で出会うガイコツのヘクターに声を吹き込んだ。

ディズニー/ピクサー声優初挑戦の藤木は、出演が決まり「嬉しいのと同時に、プレッシャーも大きかった。昨年10~11月にアフレコが終わっていてよかったです。今年に入ってからはゴールデングローブ賞やアニー賞を受賞して、すごい作品だという実感が強くなり、プレッシャーに耐えきれなかったかも」と吐露。陽気だが家族への強いを思いを抱えたヘクターを演じるにあたり、「アフレコの時は、子供の写真を台本に張り付けて収録に臨みました」と明かした。

一方、ミゲルのような赤いパーカーとジーンズ姿で登場した石橋は、本作で声優に初挑戦しており、「大役をやらせてもらえて感謝しています」と緊張気味にコメント。ミゲルについて「かわいいのに、自分の夢に一直線に突き進む真面目なところがある」「小さい頃から音楽が好きなところが似ている」と語り、「そんなまっすぐなところは石橋くんに似ていますね」という 司会者のコメントに観客から拍手が起こると照れ笑いを見せた。


画像2

[拡大画像]

この日は、石橋がアカデミー賞主題歌賞にノミネートされている楽曲「リメンバー・ミー」の日本語版を生歌唱。「石橋くんの歌声が大きな見どころ」と断言した藤木は、「何回聞いても心震える。皆さんも感動してください。こういうとハードルが上がってしまいますが、それを超えます」とパフォーマンス前から太鼓判。力強くまっすぐな石橋の歌声に、会場に集まった2000人以上のファンは聞きほれたていた。

プレゼンテーションでは、同時上映される「アナと雪の女王 家族の思い出」の本編映像の一部もお披露目。アナとエルサがアレンデールのお城で初めて開くクリスマスパーティを前に、ワクワクするような音楽に合わせてつづられ、大はしゃぎするオラフのほほえましい姿が映し出された。また、「アナと雪の女王2(仮題)」が2019年の全米公開に向け、準備の初期段階にあることが、プレゼンターを務めたウォルト・ディズニー・スタジオのプレジデント・マーケティング、リッキー・ストラウス氏から発表された。

リメンバー・ミー」と、同時上映の「アナと雪の女王 家族の思い出」は3月16日から全国公開。

(映画.com速報)
トイ・ストーリー3 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] トイ・ストーリー3 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,196 ピクサーが贈るCGアニメ「トイ・ストーリー」第3弾!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi