渡辺直美、ディズニー/ピクサー声優初挑戦!「リメンバー・ミー」で実在の芸術家フリーダ・カーロ役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月7日 > 渡辺直美、ディズニー/ピクサー声優初挑戦!「リメンバー・ミー」で実在の芸術家フリーダ・カーロ役
メニュー

渡辺直美、ディズニー/ピクサー声優初挑戦!「リメンバー・ミー」で実在の芸術家フリーダ・カーロ役

2018年2月7日 04:00

フリーダ・カーロに声を注ぐ渡辺直美「リメンバー・ミー」

フリーダ・カーロに声を注ぐ渡辺直美
(C)2018 Disney/Pixar.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気お笑い芸人の渡辺直美が、ディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」の日本語吹き替え版声優を務めていることがわかった。同スタジオ作品の声優に初挑戦し、実在した芸術家フリーダ・カーロに声を注ぎ込む。

モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ監督が、1年に1度だけ他界した家族に会えるメキシコの祝日“死者の日”を題材に紡いだ、笑いと感動のミステリーアドベンチャー。一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルが、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい死者の国へと迷いこみ、冒険するさまを描く。

「Instagramの女王」「日本女性に対する固定観念を破壊する存在」などと称される渡辺は、ミゲルが死者の国で出会うフリーダ役。1907~54年に実在し、メキシコの紙幣にも描かれた国民的アーティストだ。声優参加について「ディズニー/ピクサー作品を全部見ているので、すごく嬉しかったです!」と喜びを明かした。

さらに、映画のテーマとも共鳴したそうで、「芸人になりたいというのは、ずっと子どもの頃からの夢でした。でも(家族には)すごく反対されました」と振り返る。「売れる人は一握りなんだから、おまえはなれないと、最初からすごく否定されて。悔しい気持ちもあり、頑張って親に良いところを見せたいとか、親戚に喜んでもらいたいと思ってやってこられた」と説明し、「むしろ反対された方が自分のためには良かったのかなと思います。今は家族も応援してくれていて、家族に自分の頑張っている姿や夢をかなえている姿を見せられて、本当に良かったなと思いました」と思いを馳せた。

映画のカラフルな世界観については、「色彩がきれい過ぎてびっくりしました。色の組み合わせや死者の国の輝き方とか、色合いがすごく可愛くて素敵でした」と絶賛。自身の役どころに対して「女性でフリーダに憧れている方は多いですよね。携帯の待ち受けにしていたり、グッズもたくさん出ていたり。今、メキシコの可愛い色合いがとても流行っているので、今のこの時代に作品がすごくぴったりだと思いました」と語り、「フリーダの服装が可愛かったので、そういう感じのファッションが2018年夏に増えそう!」と予想した。

また、渡辺が声をあてた本編映像も披露。フリーダがミゲル&愛犬・ダンテと出会い、アレブリヘと呼ばれるカラフルな精霊を説明するひと幕をとらえている。「リメンバー・ミー」は、ほか石橋陽彩、藤木直人松雪泰子橋本さとし横山だいすけが吹き替え声優として参加。3月16日から全国で公開される。

(映画.com速報)
モンスターズ・インク MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] モンスターズ・インク MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,196 ディズニー・ピクサー社が放つ、モンスターシティにまぎれこんだ子供と怖がらせ屋のモンスターたちが繰り広げる心温まる冒険ファンタジー。
トイ・ストーリー3 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] トイ・ストーリー3 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,196 ピクサーが贈るCGアニメ「トイ・ストーリー」第3弾!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi