さぬき映画祭2018は若手枠もズラリ!短編プログラムが大充実 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月8日 > さぬき映画祭2018は若手枠もズラリ!短編プログラムが大充実
メニュー

さぬき映画祭2018は若手枠もズラリ!短編プログラムが大充実

2018年2月8日 16:00

小川紗良監督作「最期の星」「四月の永い夢」

小川紗良監督作「最期の星」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本広克行監督がディレクターを務める「さぬき映画祭2018」が、2月9日に開幕する。「映画、だけじゃない映画祭」のコンセプトが年々浸透するなか、今年は「拡がる、映画祭。」というテーマを掲げている。オープニングをあすに控えるなか、映画.comでは若手の作品に焦点を当てて見どころを紹介する。

新鋭・中川龍太郎監督がメガホンをとり、高畑勲監督作「かぐや姫の物語」でかぐや姫の声を務めた朝倉あきが主演した「四月の永い夢」(5月12日公開)が、11日にイオンシネマ高松東で無料上映される(抽選申し込み式)。今作は第39回モスクワ国際映画祭で国際批評家連盟賞、ロシア批評家連盟特別表彰の2冠に輝いている。なお、当日は中川監督が登壇を予定している。

また11、12日に若手の短編作9本が、3回に分けて情報通信交流館e-とぴあ・かがわで上映される。11日午後2時55分の回は女優・伊藤沙莉が登壇する「戦場へ、インターン」をはじめ「はりこみ」「こんぷれっくす×コンプレックス」、12日午後12時35分の回は津川雅彦が出演する三宅伸行監督作「サイレン」ほか「追憶ダンス」「今夜新宿で、彼女は、」、12日午後3時5分の回は小川紗良監督の3作目「最期の星」と「腰抜け」「冬が燃えたら」というラインナップになっている(各回3つセットで500円)。

女優として行定勲監督作「リバーズ・エッジ」などに出演する小川監督は現在、早稲田大学に在学中。同大学で教鞭をとる是枝裕和監督の門下生でもある。今回上映される「最期の星」には、若手注目株の小川未祐が主演。その瑞々しい演技とともに、研ぎ澄まされた小川監督の感性から目を離すことができない30分となっている。

「さぬき映画祭2018」は2月9~12日、香川・高松を中心に県内で開催。

(映画.com速報)
かぐや姫の物語[Blu-ray/ブルーレイ] かぐや姫の物語[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,436 スタジオジブリと高畑勲監督が、日本最古の物語『かぐや姫』に隠された“真実”を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi