池田エライザ、林遣都ら“童貞”たちの奮闘ぶりに「母性が沸いてきた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月2日 > 池田エライザ、林遣都ら“童貞”たちの奮闘ぶりに「母性が沸いてきた」
メニュー

池田エライザ、林遣都ら“童貞”たちの奮闘ぶりに「母性が沸いてきた」

2018年2月2日 22:10

母性が沸いてきた!「チェリーボーイズ」

母性が沸いてきた!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 古泉智浩氏の漫画を実写映画化した「チェリーボーイズ」のプレミア上映会が2月2日、東京・渋谷TOEI2で行われ、主演の林遣都をはじめ共演の柳俊太郎池田エライザ般若、メガホンをとった西海謙一郎監督が舞台挨拶に出席した。

ライフ・イズ・デッド」「死んだ目をした少年」などで知られる古泉氏が2000年に発表した“童貞漫画の金字塔”を基に、「アズミ・ハルコは行方不明」などの映画監督・松居大悟が脚本を執筆。そろいもそろって25歳の童貞で、女性やセックスのことばかり考えているボンクラ3人組(林&柳&前野朋哉)が、自分たちの人生を変える大胆な計画に打って出る姿を描いた。

主人公たちが狙うヒロイン役を熱演し、過激シーンにも挑戦した池田。劇中の童貞たちの奮闘ぶりを「正解かどうかわからないところに、男たちがワーッと向かっていって、それを見て『間違っているのにな』と思いながら、母性みたいなものが沸いてきた」と評し、「脚本から『女性も楽しめる役が作っていけたら』という意欲も沸いてきました。女子の意見は特に聞きたいので、女子だけで上映会とトークをやりたい」と願望を明かした。さらに池田と絡む場面もあった林は、ほとんど会話を交わさなかったそうで「待ち時間にしゃべっていたら(真に迫った演技が)できないなと。本番では池田さんを『どうにかしたい』という気持ちでいなきゃならない。役で、ですよ。常にそういう目で見ていました」と真剣に話していた。

一方で「今日は女性のお客さんが多いですが、撮影中は女性にどう見てもらうか、まったく考えていなかった」とぶっちゃけた林は、「一緒に過ごした柳くんと前野さんとは、ほかにない絆が生まれた」と充実感たっぷりに述べ、「完成した作品を見て、2人に感謝しかなくて。連絡をしたら『愛を持って宣伝しよう』と。ご本人たちが大好きになりました」と告白。柳も「撮影中は基本3人でいて、“あのころの”童貞の感覚に一緒になれた。青春時代だった。僕も大好きになりました」と胸中を明かすと、地元最強のヤンキ-役・般若は「童貞3人組と接触するシーンのリハーサルで、普段はイケメンの3人が童貞にしか見えなかった。それで演技できません、くらい笑っちゃった。結束力半端じゃなかったです」と脱帽の様子だった。

また物語にちなみ、男性陣が「10代のときにキュンとした女子の行動、妄想していたこと」を打ち明けることに。林は「(格好つけて女子に話しかけないなど)素直になれない学生時代だったので、歩み寄ってきてくれる人は好きでしたね。イタズラな感じというか、活発な子が、はい。登校時間に『ドーン!』とやってくれる子とか、良いですよね。されたことないですけど……」と悲しげに語ると、柳は「僕は実体験ですが、休み時間に格好つけて音楽を聞いていたら、女子が急にイヤホンをとって『なに聞いてんの?』と言ってきてくれたんです。……ふひひひっ!」と思い出し笑いで吹き出した。あまりにも“童貞成分”が濃いエピソードに、林と柳は「やばいな、もう」と自嘲気味に苦笑するほかなかった。

チェリーボーイズ」は、2月17日から東京・シネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国で公開。

(映画.com速報)
ライフ・イズ・デッド[DVD] ライフ・イズ・デッド[DVD] 最安価格: ¥3,781 人気沸騰の俳優集団「D2」の荒井敦史が主演で魅せる青春コメディ・ホラー。
死んだ目をした少年[DVD] 死んだ目をした少年[DVD] 最安価格: ¥3,888 古泉智浩の同名コミックを原作に、生きる意味を見つけられずにいた男子中学生の成長を描いた青春ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi