サラ・ポールソン「ゴールドフィンチ」映画化に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月27日 > サラ・ポールソン「ゴールドフィンチ」映画化に出演
メニュー

サラ・ポールソン「ゴールドフィンチ」映画化に出演

2017年11月27日 12:30

サラ・ポールソン「キャロル」

サラ・ポールソン
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家ドナ・タートの大ベストセラー小説「ゴールドフィンチ」をアンセル・エルゴート主演で映画化する新作に、女優サラ・ポールソン(「キャロル」「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」)が出演交渉中であることがわかった。

2014年にピュリッツァー賞を受賞した長編小説「ゴールドフィンチ」は、美術館爆破テロで母を亡くした少年テオが、カレル・ファブリティウスの名画「ごしきひわ(ゴールドフィンチ)」を盗み、絵画と自分の家族の背景にある秘密を探りながら、波瀾万丈な運命を生き抜いていく巨編だ。

映画は、「ブルックリン」のジョン・クローリー監督がメガホンをとり、主人公テオ役をエルゴートが演じる。米バラエティによれば、幼いテオと母を捨てた父の恋人ザンドラ役を、ポールソンが演じるようだ。また、テオがラスベガスで出会うウクライナ人の悪友ボリス役には、「ダンケルク」で注目を集めたアナイリン・バーナードが決定している。

脚本は、「裏切りのサーカス」のピーター・ストローハンが執筆。米ワーナー・ブラザースとアマゾン・スタジオが製作し、18年初頭にクランクインが予定されている。

ポールソンは、スティーブン・スピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」で、トム・ハンクスメリル・ストリープと共演しており、同作は18年1月12日に全米公開される。また、強盗映画「オーシャンズ11」をオール女性キャストでリブートする話題作「オーシャンズ8(原題)」が、18年6月8日全米公開。さらに、ブルース・ウィリス主演「アンブレイカブル」とジェームズ・マカボイ主演「スプリット」のクロスオーバー作品となる、M・ナイト・シャマラン監督の新作スリラー「Glass(原題)」にも出演しており、こちらは19年1月18日全米公開が予定されている。

(映画.com速報)
キャロル[Blu-ray/ブルーレイ] キャロル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,227 エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの禁断の恋を描いた作品。
ブルックリン[Blu-ray/ブルーレイ] ブルックリン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 故郷を離れ、新天地へと渡った女性の成長を瑞々しく綴ったドラマ作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi