犬×アメリカ中の曲者?ブラックユーモア満載のトッド・ソロンズ監督最新作17年1月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月28日 > 犬×アメリカ中の曲者?ブラックユーモア満載のトッド・ソロンズ監督最新作17年1月公開
メニュー

犬×アメリカ中の曲者?ブラックユーモア満載のトッド・ソロンズ監督最新作17年1月公開

2016年10月28日 08:00

トッド・ソロンズ監督のシュールな世界、再び!「ストーリーテリング」

トッド・ソロンズ監督のシュールな世界、再び!
(C)2015WHIFFLE BALLER,LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ストーリーテリング」(2001)、「ハピネス(1998)」などで知られる奇才トッド・ソロンズ監督の最新作「トッド・ソロンズの子犬物語」が、2017年1月に公開されることが決定した。

映画は、これまでも人間の愚かさをブラックユーモアたっぷりに描いてきたソロンズ監督が、アメリカ中をさまよう1匹のダックスフンドが出会う、悲惨だけれどおかしみのある人生を送る人々の姿を描いたコメディ。ジュリー・デルピーダニー・デビートエレン・バースティングレタ・ガーウィグらが共演する。

ダックスフンドの飼い主になるのは、去勢されそうになった犬をかばう病弱な息子を、ひどい作り話で説得しようとする母親(デルピー)、崖っぷちに立たされた映画学校の講師兼脚本家(デビート)、偏屈な老女(バースティン)ら曲者ばかり。さらには、ソロンズ監督のデビュー作「ウェルカム・ドールハウス」(95)の主人公ドーン・ウィーナー(ガーウィグ)が、大人になって登場する。

トッド・ソロンズの子犬物語」は、2017年1月14日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi