ロン・ハワード監督「ビートルズ」ドキュメンタリー、米Huluが配給&独占配信へ

2016年5月15日 17:00

46年ぶりとなる公式ドキュメンタリー 映画の配給&独占配信権をHuluが獲得
46年ぶりとなる公式ドキュメンタリー 映画の配給&独占配信権をHuluが獲得

[映画.com ニュース] ロン・ハワードが監督を務める、ザ・ビートルズの46年ぶりとなる公式ドキュメンタリー映画「The Beatles: Eight Days A Week(仮題)」の北米における劇場配給権および配信権を、動画配信サービスの米Huluが獲得した。

米Deadlineによれば、Huluはこのほどドキュメンタリー映画部門「Huluドキュメンタリーフィルムズ」を新設。今秋第1弾作品として、「The Beatles: Eight Days A Week(仮題)」を配給・独占配信する。

1970年の映画「ビートルズ レット・イット・ビー」以来のオフィシャルドキュメンタリーとなり、60年代初頭の英リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後のコンサートとなった66年のサンフランシスコ公演まで、彼らのライブツアーに焦点をあてた内容になる。「ザ・フー:アメイジング・ジャーニー」のマーク・モンローが脚本、ポール・クラウダーが編集を担当した。

ザ・ビートルズのアップル・コア、ハワード監督とブライアン・グレイザーの米イマジン・エンターテインメント、「ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」のプロデューサー、ナイジェル・シンクレアのホワイト・ホース・ピクチャーズが共同製作。現存するメンバーのポール・マッカートニーリンゴ・スタージョン・レノンの未亡人ヨーコ・オノジョージ・ハリスンの未亡人オリビア・ハリスンが製作に協力している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース