関根勤、初監督作「騒音」公開に感慨「入園式に来た父親みたいな感じ」

2015年5月23日 19:45

芸達者な登壇陣に客席は笑いっぱなし
芸達者な登壇陣に客席は笑いっぱなし

[映画.com ニュース] 関根勤の初監督作「騒音」が5月23日、東京・シネマート新宿で封切られ、関根監督をはじめ出演の温水洋一村松利史飯尾和樹岩井ジョニ男酒井敏也廣田あいか(「私立恵比寿中学」)が舞台挨拶に立った。

関根監督の生誕60年と芸能生活40周年を記念して製作され、冴えないオヤジたちと突如現れた地底人との戦いを描いたSFコメディ。念願の監督デビューを果たした関根監督は、「今日は『イニシエーション・ラブ』初日があるなかこちらに足を運んでいただき、うれしく思います。心境としては、幼稚園の息子の入園式に来た父親みたいな感じがします。先生とうまくやってくれるかな、この映画がお客さんと上手くやってくれるかな」と喜びを語る。そして「この映画は、『ノッティングヒルの恋人』を意識して作りました」とジョークを飛ばし、「芸人とコメディができる俳優さんのハーモニーを見てほしい。ハンバーグで言うと、牛肉が俳優さん、芸人が豚肉です。そのおいしさを感じ取っていただければと思います」と呼びかけていた。

また関根監督は、温水、村松、酒井が演じた“冴えないオヤジ”たちは、自らの分身であることを説明。「家庭内で冷たくされているのは温水さん。悪口ばっかり言う村松さんは裏関根。僕が中学・高校ですごくモテなかったのを、酒井さんにやってもらいました。3人が合体すると僕になります」といい、「イモに例えると、ジャガイモ(温水)、サトイモ(村松)、エビイモ(酒井)。全部違う感じの味がある」と独特の表現で会場の笑いを誘った。

一方で、撮影当時14歳だった廣田は「初めての映画出演ということで、緊張している感じが自分で見ていて恥ずかしい。初々しい私を見て頂けたらなと思っています」とニッコリ。オヤジたちについては「どんどんオヤジたちがかわいく見えてきます。一生懸命やっていて、頑張れってなるんです。最初は何とも思っていなかったのに」と評し、登壇陣から一斉にツッコミを入れられていた。

また壇上では、詰めかけたファン100人にサイン入りパンフレットをプレゼント。客席を背にフォトセッションや、関根監督と岩井がモノマネを披露するなど、最後までファンサービスで会場を盛り上げた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com