山田洋次監督20年ぶりの喜劇「家族はつらいよ」製作決定!「東京家族」キャストが再結集

2014年9月25日 06:00

「家族はつらいよ」キャスト陣
「家族はつらいよ」キャスト陣

[映画.com ニュース]日本を代表する名匠・山田洋次監督が、1995年の「男はつらいよ」シリーズ終了後20年ぶりとなる本格的な喜劇映画「家族はつらいよ」を製作することが明らかになった。山田監督にとって83作目となる監督作には、「東京家族」(13)で“家族”を演じた8人の実力派俳優陣が再結集。同作と同じ家族構成ながら、全く異なる別の家族の物語を喜劇として描く意欲作だ。

山田監督の最新作に、“あの”キャストたちが戻ってくる。「現代の家族を喜劇で描くなら、このメンバーが最高のアンサンブル」と山田監督が大絶賛するのは、「東京家族」に名を連ねた橋爪功吉行和子西村雅彦夏川結衣中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡蒼井優の8人。橋爪と吉行が離婚の危機に瀕する熟年夫婦に扮するほか、両親と同居する長男夫婦を西村と夏川、近所で暮らす長女夫婦を中嶋と林家、結婚を前提に交際する次男カップルを妻夫木と蒼井が演じる。

9月19日にクランクインする際、山田監督はスタッフにこう語っている。「男であり、女であり、人間であることは、難儀で厄介。でも何とか生きていかないといけない。そういう意味で、1969年から始まった寅さんシリーズに『男はつらいよ』というタイトルをつけました。今回、それと全く同じ意味合いで、この『家族はつらいよ』というタイトルをつけました」。

そして家族について、50年間にわたって悲喜こもごもを描いてきただけに「厄介で、大変煩わしいもので、なくてもよいと思うこともあるのだけれど、やはり切り捨てられない問題。そのつらさを何とか切り抜けていかねばならない。そのためにドタバタする。そんな滑稽で不完全な人間を、懸命に表現したいと思います。それを見た観客は、“ああ、ダメなのは自分だけじゃないんだな”と安心して笑ってしまう。映画館で、観客と作り手が、笑いを共有していく。そんな喜劇にしたいと思います」と明かしている。

映画は、山田ワールド全開の“これぞ日本の笑い”ともいえる、喜劇映画の真骨頂ともいえるテイストが練り込まれており、全ての日本人に贈る作品を目指すという。結婚50周年を目前に控え、誕生日プレゼントに欲しいものを妻に聞いてみると、答えは「離婚届」。ごく普通の一家に突然降りかかる熟年離婚騒動に、子どもたちは大慌て。そしてこの騒動をきっかけに、家族全員の不満が噴出する。

なお、撮影は順調に推移しており、11月下旬にクランクアップする。公開は、2016年を予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
東京家族[Blu-ray/ブルーレイ]

東京家族[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,136

半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。
『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD]

『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD]

最安価格: ¥165,000

葛飾柴又生まれのテキ屋“フーテンの寅”の活躍を描いた、渥美清主演で贈る傑作人情映画シリーズ「男はつらいよ」全作をひとつにしたDVD-BOX。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース