コーエン兄弟、スピルバーグ監督&トム・ハンクスの新作に脚本参加

2014年5月22日 12:45

冷戦を背景にしたスリラー映画に参加
冷戦を背景にしたスリラー映画に参加

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督の次回作とされる、冷戦を背景にしたタイトル未定のスリラーに、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本家として参加すると米ハリウッド・レポーターが報じた。

ドリームワークスが製作する同作は、冷戦時代にソ連に捕らえられた米軍パイロットの釈放を求め、KGBとの交渉にあたったアメリカ人弁護士ジェームズ・ドノバンの実話を映画化するもの。主演には、「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ターミナル」で3度にわたってスピルバーグ監督と組んだトム・ハンクスが起用されている。

コーエン兄弟は、マット・チャーマンが執筆したオリジナル脚本のリライトを担当するという。コーエン兄弟は、「ファーゴ」と「ノーカントリー」でアカデミー賞脚本賞と脚色賞を受賞している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com