カンヌ映画祭短編部門審査委員長にアッバス・キアロスタミ監督

2014年3月10日 16:15

アッバス・キアロスタミ監督
アッバス・キアロスタミ監督

[映画.com ニュース] 第67回カンヌ映画祭(5月14日~25日)の短編映画部門および、映画学校の学生ら若手の映画製作者を中心にしたシネフォンダシオン部門の審査委員長に、イランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督が就任すると、同映画祭事務局が発表した。

カンヌの常連であるキアロスタミ監督は、1997年の映画「桜桃の味」で同映画祭の最高賞パルムドールを受賞。また、2010年の監督作「トスカーナの贋作」では、ジュリエット・ビノシュが主演女優賞を受賞した。キアロスタミ監督は、これまでにもコンペティション部門やカメラドール部門の審査員を務めている。

なお、コンペティション部門の審査委員長には、93年の「ピアノ・レッスン」で史上初めて、また現時点では唯一女性としてパルムドールを受賞したニュージーランド出身のジェーン・カンピオン監督が決定している。

シネマ映画.comで今すぐ見る

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
桜桃の味(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
トスカーナの贋作[DVD]

トスカーナの贋作[DVD]

数多くの名作で知られる巨匠アッバス・キアロスタミが、初めて有名キャストを起用して描いた作品。
明日へのチケット[DVD]

明日へのチケット[DVD]

ケン・ローチ、アッバス・キアロスタミ、エルマンノ・オルミというカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞経験のある3人の名匠による奇跡のコラボレーション!

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン