上戸彩8年ぶり映画主演作「武士の献立」特報公開

2013年7月28日 07:00

「武士の献立」の一場面
「武士の献立」の一場面

[映画.com ニュース] 「武士の家計簿」(2010)に続き、江戸時代の加賀藩を舞台に描くシリーズ第2弾「武士の献立」の特報映像が、このほど公開された。

上戸彩が約8年ぶりに映画主演し、「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三監督がメガホンをとった本作は、優れた舌と料理の腕を見込まれ、加賀藩に料理方として代々仕える舟木家に嫁いだお春と、お春の夫で舟木家の跡取りながら料理の苦手な安信(高良健吾)が、次第に心を通い合わせ、夫婦として様々な難局を乗り越えていく姿を描く。

特報では、刀を包丁に持ち替えて主君に仕える「包丁侍」たちの暮らしぶりを紹介しながら、出戻りのお春が、予期せぬ縁談に戸惑う様子を映し出す。最後は、お互いを知る時間もなく結婚を決めた安信が、お春の名を間違えるというコミカルなオチで終わっている。

なお本作は、スペイン・バスク地方で行われる第61回サン・セバスチャン国際映画祭(9月20~28日)の「キュリナリー・シネマ」部門に出品されることが発表されている。12月14日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース