C・ノーラン監督、故ヒース・レジャーにバットマン役をオファーしていた

2012年12月5日 11:18

「バットマン」シリーズを振り返ったノーラン監督
「バットマン」シリーズを振り返ったノーラン監督

[映画.com ニュース] 「バットマン」3部作を完結させたクリストファー・ノーラン監督が11月下旬、米ニューヨーク「フィルムソサエティ・オブ・リンカーンセンター」のトークイベントに登場し、シリーズを振り返った。

そのなかで、シリーズ第2作「ダークナイト」(2008)でジョーカーを演じた故ヒース・レジャーさんに関するエピソードを明かしたが、実は第1作「バットマン ビギンズ」(05)に着手する際、主役のバットマン/ブルース・ウェイン役をレジャーさんにオファーしたことがあったという。

当時、レジャーさんはそのオファーを「スーパーヒーロー映画に出るつもりは毛頭ない」とすぐさま断ったそうだが、ノーラン監督が考えるには、その後完成した「バットマン ビギンズ」を見てレジャーさんの気持ちに変化が生じたようだ。

そしてそこからは、むしろレジャーさんのほうからジョーカー役獲得に向けて積極的に働きかけてきたという。また、ノーラン監督はジョーカーの役づくりにあたって、レジャーさんにアンソニー・バージェスの小説「時計じかけのオレンジ」やフランシス・ベーコンの画集を参照することを薦めたそうだ。

ちなみにノーラン監督は、「バットマン」3部作を監督するにあたって最も影響を受けた映画として、リチャード・ドナー監督の「スーパーマン」(78)と「007」シリーズ、なかでも「007/私を愛したスパイ」(77)を挙げている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース